Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

Ethical Fashion PR

older | 1 | .... | 11 | 12 | (Page 13) | 14 | 15 | .... | 30 | newer

    0 0

    アフリカで最も有名な部族の一つ「マサイ族」は近年、独特のビーズアクセサリーがファッションとして注目を集めている。その魅力はやはり、色鮮やかな独特の配色。もともと同族は、1800年代後期にヨーロッパ人が進出するまで貝殻や種、乾燥させた草などをアクセサリーにしていたといわれており、ヨーロッパ人との交易を通じてビーズアクセサリーを作るようになったという。アフリカの広大なサバンナの中で、いったいどういった景色がこの色彩感覚を産んだのだろうかと、その風景に思わず思いを馳せてしまう。

    アフリカの大地に濃厚ながらどこか透明感あるカラーコントラストがマサイ族の色。(IMAGE:「PIKOLINOS MASAI PROJECT」14SSコレクションカタログ)

    アフリカの大地に濃厚ながらどこか透明感あるカラーコントラストがマサイ族の色。(IMAGE:「PIKOLINOS MASAI PROJECT」14SSコレクションカタログ)

    このマサイDNAの詰まったビーズワークをあしらったサンダルシリーズ「マサイ・コレクション」を発表したのが、スペイン発のシューズブランド「PIKOLINOS(ピコリノス)」。ケニア・マサイ族の女性たちによる手作業のビーズ刺繍を施したモチーフパーツを、スペインの自社工場で靴に仕上げたコレクションだ。

    「2014年春夏マサイ・コレクション」から左:ローマ人風サンダル(26,500円〈税抜〉)、右:コルク調ウェッジヒール(24,500円〈税抜〉

    今回の春夏コレクションのデビューにあたり、「マサイ・コレクション」の起案から尽力してきたマサイ族の一部族のリーダー、ウィリアム・キカナエ氏が来日。そのウィリアム氏に、マサイビーズの魅力について詳しく聞いてみた。

    ウィリアム・キカナエ氏(IMAGE: EFJ)

    ウィリアム・キカナエ氏(IMAGE: EFJ)

    The post マサイの部族リーダー・ウィリアム氏に直接聞いてみた! 色鮮やかなマサイ・ビーズのあれこれ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    右手に持っているのは、Tシャツデザインのシルクスクリーンの版。「JAMMIN」のTシャツは、1枚ずつシルクスクリーンでプリント。着用Tシャツのデザインは、京都リアル・アンダーグラウンドで活躍しているKONIROWによるもの。

    右手に持っているのは、Tシャツデザインのシルクスクリーンの版。「JAMMIN」のTシャツは、1枚ずつシルクスクリーンでプリント。着用Tシャツのデザインは、京都リアル・アンダーグラウンドで活躍しているKONIROWによるもの。

    毎月1名、エシカルイケメン男子をご紹介するイケメンカレンダー「How Would You Make Me a Princess?(私をどうやってお姫さまにしてくれる?)」、4月はチャリティー専門ファッションブランド「JAMMIN」の西田太一さん!
    
    「ファッションを楽しみながら、少しでも世界の実情を知ってほしい」との思いから、さまざまな社会問題にインスパイアされた新作アイテムを毎週発売しています。ブランド名は即興演奏という意味の「JAM SESSION」から。そのとおり、自由だけどストイックなお人柄に迫ります◎
    
    西田太一さん
    1983年生まれ京都育ち。大学時代に訪れたスリランカの農村で、途上国の現状を目の当たりにして国際協力を志す。大学院卒業後は、パシフィックコンサルタンツ株式会社でアジア諸国のまちづくり、産業政策に従事。2013年、NGO/NPOがもっと活躍できる日本を目指してチャリティー専門のファッションブランド「JAMMIN」を設立し、代表社員に就任。
    
    Q. お決まりのデートコースを教えて下さい。

    長らくデートしていなくて……デートだけでなく、基本的に休みの日はノープランが好きです。目覚ましもかけず、起きたいときに起きる。お腹が空いたら食べたい物を食べる、見たいものを見る、行きたいところに行く。そんな1日を一緒に過ごしたいですね。

    予定が決まっていると、その1日がどんなものになるのか想像できて、ワクワク感や驚きが減ってしまう気がするんです。目的地にもカーナビや地図を使わずに行きます。新しい発見や出会いがあるので、ちょっと道に迷うぐらいが好きです。あと、旅番組を見るだけで行った気分になれるぐらい妄想癖があります。でも旅行するぐらいなら、その地に1年ぐらい住んで、もっとディープなところを経験して知っていきたいですね!

    ただ地元・関西に帰ってきてからは、鉄板のコースがあります! 友だちが遊びに来たときは、決まって食い倒れツアーにお連れします! 粉もん、串カツ、ホルモン、寿司……安い、旨い、早いの三拍子揃った関西食文化をひたすらハシゴして、しゃべり倒して、笑って過ごす1日。なかなか好評です。

    The post イケメンカレンダーAPRIL〜 JAMMIN 西田 太一さん appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    米国東部の大自然を背景に生まれたアウトドア・ライフスタイルブランド「Timberland(ティンバーランド)」は、社会貢献活動、環境保護活動、環境に配慮した商品開発を行うことでも有名。特に、リサイクルPET素材を使った製品を積極的に展開しており、ライニング、シューレース、アッパーなどの素材に活用しています。

    このような取り組みを通じて、同社はこれまで7800万本のプラスチックボトルをリサイクルしてきたそう。それって実際どのくらいスゴイの? それが分かる動画(日本語字幕アリ)が公開されています。

    The post PETリサイクルに積極的なTimberland、実際どのくらいリサイクルしたの? が分かる動画 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    有限会社シサム工房(所在:京都市左京区、代表取締役:水野泰平)が、昨年好評だった「フェアトレード・ギフトが買える全国のお店リスト」を同社公式ウェブサイト上で今月限定で再び公開する。前回から掲載先も約40件ほど増え、計120件以上が掲載されるという。毎年5月の第2土曜が「世界フェアトレードデー」として国際的に決められていることに合わせて公開することとなった。

    (IMAGE: Courtesy of シサム工房)

    (IMAGE: Courtesy of シサム工房)

    →「フェアトレード・ギフトが買える全国のお店リスト

    The post 再び公開を待っていました! 「フェアトレード・ギフトが買える全国のお店リスト」本日より1カ月限定で公開 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    「コットンの日」である5月10日(土)、1日限り開校するファッション×サステイナブルの学校「エシカルファッションカレッジ」。13:00からは、「フェアトレード+エシカルファッションショー Power to the People」が行われるのが大きな目玉! ファッションジャーナリストの生駒芳子さん、ピープル・ツリーのサフィア・ミニーさん、EFJ・代表イオの3者がいっしょにプロデュースしています。
    Page1

    The post いよいよ来週土曜日! ETHICAL FASHION COLLEGEファッションショー 見どころをご紹介! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    障がいがあって一般企業などで働くことが難しくて福祉作業所に通所する人々をものづくりに巻き込んで、継続的な工賃を提供できるビジネスモデルのファッションが少しずつ増えてきています。でも、一言で「障がい者を巻き込んだものづくり」といっても、なかなか具体的なイメージは湧かないのでは? 福祉作業所の問題解決と社会に価値を生み出す活動を目的に結成されたプロジェクト「PRe Nippon(プレ・ニッポン)」共同代表・羽塚順子さんの案内で、荒川区にある「荒川ひまわり第2(運営:社会福祉法人トラムあらかわ)」を訪ねて、実際にどんなものづくりをしているのか垣間見ることができました。

    東京都荒川区にある福祉作業所「荒川ひまわり第2」

    東京都荒川区にある福祉作業所「荒川ひまわり第2」

    福祉作業所ってどんなところ?

    「作業所」と一口に言っても、就労継続支援A型、就労継続支援B型、就労移行支援など、内実はさまざま。いずれにせよ、身体や知的機能もしくは精神の機能に障がいのある成人の人たちに、就労と労働を通じて心身機能の発達を図る場とされています。

    The post 多様性あるものづくりがクリエイティブにつながる! 「PRe Nippon」の取り組みから考える「障がい者とのものづくり」の意義 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    コットンの日である5月10日、「エシカルファッション」を知り・作り・感じることができる1日限りの学校「エシカルファッションカレッジ」が初の開催! デニムブランド「Lee」を手掛けるリー・ジャパン株式会社と世界の子どもを児童労働から守る国際協力NGO・特定非営利活動法人ACEによる主催で、環境・社会に過度な負担を強いることのない生産方法で取り組まれた「エシカルファッション」を「知る」「作る」「感じる」ことができる1日限りの学校です。

    その学長である細川秀和さん(リー・ジャパン株式会社 ディレクター/取締役)と、理事長である生駒芳子さん(ファッションジャーナリスト)から生徒となるみなさんへメッセージ動画が公開されています! 入学を悩んでいる方はぜひチェックしてみてください◎

    The post 初のエシカルファッションカレッジ! 学長&理事長からのメッセージ動画 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    2013年4月24日に起こった、バングラデシュの首都ダッカ近郊サバールでラナプラザ・ビル倒壊事故。米紙「New York Times」のウェブサイトで、フォトジャーナリストがこの事故に対して製作したオピニオン動画が話題を集めている。同事故では、1100人以上が死亡し、およそ2500人が負傷したが、その事故直後の様子が生々しく映し出されている。


    ※生々しい描写が含まれています。あらかじめご注意ください。

    The post New York Timesのバングラデシュ衣料工場倒壊事故の様子を映した動画が生々しくて話題 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    コットンの日である5月10日、「エシカルファッション」を知り・作り・感じることができる1日限りの学校「エシカルファッションカレッジ」が初の開催! これは、リー・ジャパン株式会社と特定非営利活動法人ACEが主催するもので、2013年までは企業をターゲットにしたコットンに関するシンポジウムとして開催されていました。

    今年からは思い切って「エシカルファッション」のイベントに。その理由は? 世界の子どもを児童労働から守る国際協力NGO・特定非営利活動法人ACEの岩附由香さんに、EFJ代表・イオがお伺いしました。

    (右)ACE代表・岩附由香さん1974年東京生まれ。桐朋女子高校卒業。上智大学文学部卒業。大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)博士前期課程修了。大学院在籍中の1997年にACEを起業し、代表に就任。会社員、国連機関スタッフ、通訳などの職と平行しボランティアで活動を続け、2007年からACEの活動に専念。2012年に出産、一児の母として、子育てと仕事に励む。

    (右)ACE代表・岩附由香さん1974年東京生まれ。桐朋女子高校卒業。上智大学文学部卒業。大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)博士前期課程修了。大学院在籍中の1997年にACEを起業し、代表に就任。会社員、国連機関スタッフ、通訳などの職と平行しボランティアで活動を続け、2007年からACEの活動に専念。2012年に出産、一児の母として、子育てと仕事に励む。

    イオ:児童労働の問題に取り組むACEですが、コットンにはどんな問題があるのでしょうか?

    世界中のコットンの生産現場で児童労働があり、ACEが活動するインドでは、少なくとも38万人の子どもたちがコットンの種子産業で働いているという報告があります。

    農場では第一に、子どもたちは農薬の危険にさらされます。子どもたちは、農薬が撒かれた直後やまっただ中で作業しており、農薬を吸い込んだり触れたりすることで健康が脅かされます。次に、これが「搾取された労動」であることも問題です。子どもたちは貧困という背景の中、とにかく現金が必要で、安い賃金・危険な労動環境でも働かざるを得ません。子どもたちは学校に行けませんが、教育を受けられなければ、将来の職も限られてしまいます。すると貧しいまま、その子どももやはり働かざるを得なくなるという悪循環が生まれます。
    (→ACEのサイトで詳しく知る:http://acejapan.org/cotton/childlabour/

    The post 児童労働に取り組むNGOが初のエシカルファッションカレッジを開催するワケ 〜ACE・岩附由香さんに尋ねました appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    株式会社ハミング(東京都目黒区/代表取締役:北村一雄)が手がけるエシカルファッション&ウエディングブランド「NADELL(ナデル)」は、2014年5月14日(水)から5月20日(火)まで、阪急百貨店うめだ本店・10階うめだスーク中央街区にて、「ナデルのエシカルウエディング」の期間限定イベントを開催する。

    The post 「NADELL」エシカルブライダルの期間限定のエシカルウエディングイベント! エシカルウエディングのトータルプロデュース事業も開始 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    ※ETHICAL FASHION JAPANでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡は受け入れ先さまへお願いします。

    未来そのものである子どもたちの可能性を少しでも広げるため、そのkeyとなるお母さんに技術とデザインと仕事を提供し、子どもたちの生活向上と教育の機会を増やすことを目的に活動している、フェアトレード&エシカルアクセサリーの「Feliz」。

    その「Feliz」が、百貨店やイベントでより多くの人々にアクセサリーを通して、世界の現状や知っていただいたり、より多くの現地での雇用を作り出すため、一緒に活動してくれるメンバーを募集します。下記詳細をご覧のうえ、ご応募お待ちしております!
    feliz 01

    期間:2014年5月16日~7月8日(活動できる日程のみで可)
    場所:東京、横浜、大宮での百貨店やイベント会場
    仕事内容:※期間限定ショップ商品管理
         ※VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)
         ※期間限定ショップ・イベントでの搬入・搬出・販売
    
    募集人数:若干名
    (学生可。経験者優遇)
    ※交通費支給。
    
    応募方法:名前、年齢、電話番号、メールアドレス、簡単なプロフィールをご記入のうえ、info@feliz-acce.com までご連絡下さい。
    締め切り:2014年5月15日まで
    
    Feliz について詳しく知る!フィリピンのママたちとともに。ママ起業家によるフェアトレードアクセサリーブランド Feliz」
    「エシカルファッショニスタのMy Favorite Things❤ NO4. Kanako KAKIMOTO / Feliz

    The post 【インターン&ボランティア募集】Felizアクセサリーの百貨店催事やイベントでの販売補佐 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    ※ETHICAL FASHION JAPANでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。
    世田谷区でフェアトレードを広めようとママ2人が立ち上げたワークショップグループ「フェアトレードガーデン世田谷」が、5月のフェアトレード月間および5月10日のコットンの日を記念して、親子で楽しめるワークショップイベントを開催する。

    当日製作するアクセサリー例

    当日製作するアクセサリー例

    The post 親子で楽しむフェアトレード! コットンボールでアクセサリーを作ろう!&フェアトレードの紙芝居 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    とても身近な素材である「ウール」は、原料名では羊から採れる毛のことをいいますが、ムクムクした白い毛のあの羊の姿は、一万年もかけて人間が改良してきたものだということをご存知でしたか? 今回は、現在私が知る限りの知識をもとに、奥深いウールのお話をしたいと思います。

    羊と人間の歴史

    羊の牧畜は、メソポタミアの一地方(現在の北イラク)でB.C.9000〜B.C.7000に開始されました。羊の原種は、ムフロンやアルガリなどの品種ですが、ぜんぜんムクムクしていないし、色も白くありません。羊は従順で群れをなす習性があり、家畜化が容易だったようです。人といっしょに移動できることも遊牧民にとって貴重な条件でしたし、それ以上に、動く繊維工場であり酪農工場であり、食肉工場であるという、いまと変わらぬ羊の多様な有用性が、人間と早くから共存してきた理由と考えられています。

    The post ウールと羊と人間の関わり appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    自分の生き方を自らクリエイトしたい女性のためのコミュニティー「アトリア」(運営:株式会社エモーヴ、東京都渋谷区、代表取締役:井尾さわこ)が、5月17日(土)〜19日(月)の4日間にわたり、自分の生き方を自らクリエイトしたい女性のためのイベント「ワタシクリエイト」を渋谷ヒカリエで開催する。

    アトリアでは、会社員・フリーランス関係なく、自分の生き方を自らクリエイトしている人々を「クリエイター」と呼び、そういった女性たちが自ら生き方をデザインできるよう応援する場所を提供してきた。アトリアは今後、「託児所付きコクリエイションオフィス」の設立を目指しており、今回はいわばその「決起会」。同イベントでは、セミナーや交流会、作品の展示販売、ワークショップ、コンテストなど、自分の生き方を自らクリエイトしたい女性たちを応援する内容となっている。
    atlyareen
    作品展示販売ブースでは、テーマごとに展開される予定で、女性作家、支援企業といったテーマのほか、伝統工芸、エシカル、東北復興がテーマのブースも置かれる。女性がいきいきと働けるような社会が生み出すものを、アトリアを運営する株式会社エモーヴの井尾さわこさんに尋ねた。

    The post 自分の幸せが分からなくて、誰かを幸せにできるわけがない! 自分の生き方を自らクリエイトするためのイベント「ワタシクリエイト」 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    小さな子どもにも分かりやすく書かれたフェアトレードが分かる絵本「ムクリのにじいろTシャツ ~フェアトレードのおはなし~」が2014年5月発売された。幼稚園〜小学校低学年を対象に、少年・ムクリとともに旅をしながら、フェアトレードについて学ぶことができる1冊。

    Image: Courtesy of Momoko Miyahara

    Image: Courtesy of Momoko Miyahara

    The post 子ども向けのフェアトレード絵本「ムクリのにじいろTシャツ」発売開始 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    どのような条件が揃えば、ファッションはアートにまで昇華するのだろう? 画家はキャンバスに描き、人をインスパイアする。イギリス出身のMengは、シルクの着物に絵を描き、我々をインスパイアする。

    meng-6
    meng-7

    The post 東洋のデザインDNAをシルクのキャンバスにモダンに描き出す「Meng Kimonos」 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    ※ETHICAL FASHION JAPANでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。
    溢れる色と豊かな自然、そこに暮らす陽気で優しいグアテマラの人たち。独特の色彩感覚を持つ彼らが日常の中で生み出す色鮮やかな手織物やビーズ細工の緻密さは、日本ではほとんど知られることのない価値ある手仕事。そんな彼らの手仕事に魅せられ起業した「ilo itoo」が、美しい湖のほとりに点在する商品の生産現場をご案内しながら生産者との交流を通して彼らのふだんの生活やグアテマラの手仕事の魅力をご紹介します。

    The post 【ツアー】グアテマラの手しごとを体感〜ilo itooのものづくりを訪ねる旅 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0
  • 05/14/14--16:00: 今を生きる
  • 過去の思い出を懐かしんだり、未来を夢見ることはすばらしいことですが、 今日不安定な社会の中で 私たちはしばしば未来を不安に思ったり、過去の経験に重きを置き過ぎて一番大切な「今」をおざなりにしてしまうことがあります。

    私たちは過去にも未来にも生きることができません。私たちの心は「今」この瞬間にのみ存在していて、何かを作り出したり未来につながるひらめきを感じたりするのも、「今」しかできないことなのです。そう、「今」は私たちにとって最もクリエイティブな瞬間。

    過去の経験が未来に役立つことはもちろんありますが、それがかえって邪魔をする場合があります。例えば過去に失敗したからといって、同じことを今しても、また失敗するとは限らないのです。9回失敗しても10回目は成功するかもしれないのに、失敗を恐れチャレンジをしないという選択は、ひらめきを生み出し挑戦しようとした「今」を捨てて過去を生きたことになってしまいます。また、同じように未来に不安を持ってしまい、やりたいことを押し殺して身動きできない状態になることも「今」を捨てて未来に生きていることになります。

    ©Yumi KOMORI

    ©Yumi KOMORI

    そんなときは、少し立ち止まって、今この瞬間にギュッと焦点を当ててみましょう。頭をよぎる「しなければいけないこと」を少し置いておいて、目の前の人とおいしい食事を楽しみましょう。聞いている音楽の世界に入り込みましょう。美しい景色に溶け込んでみましょう。余計な心配を手放し、今ある素晴らしい環境に感謝をし、溢れ出る感情を味わい尽くしましょう。それが、「今を生きる」ということです。

    The post 今を生きる appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0
  • 05/15/14--02:00: ありがとう
  • 5月は母の日もありましたし、今月は必ず1回は「ありがとう」と言うのではないでしょうか? あらためて、自分の素直な気持ちを相手に伝えるというのは、お互いにとって気持ちの良いものですよね。

    5月10日に開催されたEthical Fashion Collegeでの一コマ。みんな熱心に講義に聞き入っています。

    5月10日に開催されたEthical Fashion Collegeでの一コマ。みんな熱心に講義に聞き入っています。

    今回は「エシカルな働き方」について考えてみようと思います。イギリスにいた頃から気になっていたのですが、始めたてのまだまだ小さいブランドを起こしたばかりのときは、いつかの至福の環境を夢みて今はがんばろう! って思うものですよね。仕事の時間に制限はなくなり、プライベートと仕事の区別ができなくなる。とにかくがんばる! ということだけを考えて奮闘する。あるエシカルデザイナーは、自分の部屋を完全アトリエにしてしまい、ベッドも売り、自分は使用済みマテリアルの上で寝るという生活をしていました。

    聞いただけで、過酷な労働環境ですよね。その人は途上国にフェアトレードでものづくりをしていますし、リサイクルも取り入れてデザインをしているのですが、自分のことは二の次。これでは「エシカル」とは呼べませんよね?

    The post ありがとう appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    コットンの日である5月10日、「エシカルファッション」を知り・作り・感じることができる1日限りの学校「エシカルファッションカレッジ」が初めて開催されました。エシカルファッションをぎゅっと詰め込んだファッションショー「フェアトレード+エシカルファッションショー Power to the People」では、多くの人だかりができ、たいへんな盛り上がりをみせました。

    The post あのアイテムはどこのブランドのだった? Ethical Fashion College ファッションショー全ルック大公開! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


older | 1 | .... | 11 | 12 | (Page 13) | 14 | 15 | .... | 30 | newer