Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

Ethical Fashion PR
    0 0

    Some rights reserved by Elliot Stokes

    Burberryの過剰在庫廃棄が話題に

     

    Burberryが年間45億円分の商品を焼却処分していることを発表した年次レポート(Burberry Annual Reportが批判を浴びています。日本語の記事はこちらから。

    以前、他の有名ブランドであるH&M、NIKE、Eddie Bauer、Urban Outfittersの過剰在庫廃棄も問題になりました。更に今、日本でも年間10億点もの服が捨てられていることが記事になっています。

    今、世界中で売れ残り在庫が発生するほど、商品を作りすぎている問題があります。

     

     

    処分される服はみんなの責任。私たち自身が買い物を変えることが必要

    今回、Burberryの過剰在庫廃棄が話題に上がりましたが、実際にこの問題はハイブランドの間で大きな問題となってきました。ファッションレボリューションの代表であり、クリエイティブディレクターのOrsola de Castroが、Burberryの過剰在庫の記事に対し、コメントを発表しました。

    “服の過剰在庫、廃棄問題はBurberryだけの問題ではありません。実際BurberryはFashion Transparency Index でも取り組みを評価され、サステイナブルなものづくりにも取り組んでいます。“

    ファッション業界では毎年、1000〜1500億点もの服が作られ、莫大な数の過剰在庫がうまれています。しかし、サプラインチェーンの透明性の欠如で、製造過程のどこで余分な在庫が作られ、どれほど廃棄されているのか、それが環境にどれほどの影響を与えているのかを知ることができません。

    ファッション産業には更なる取り組みが必要とされています。企業は、より多くのエネルギーをアップサイクルのアイテムや、大量生産ではないものに注ぎ、使い捨てのものを減らす必要があります。

    “私たち消費者自身も、ファッションの循環性について知り、買うものに気を配らなくてはいけません。処分される服はみんなの責任で、私たち自身が買い物を変えることが必要です。”

    とOrsolaは呼びかけています。

    FashRev_quote_VivWestwood

    以前、筆者は捨てられた服の山を見て衝撃を受けたことがあります。素敵な服を見つけたら、一体誰が、どこで作ったのか?カワイイだけで選んでいないか?どうやったら長く着られるのか、使えなくなったらどうするのか?買う前に自問自答し、その一枚を選択してみては?

    文:上岡美穂

    The post 服の廃棄のショッキングな現実。Fashion Revolutionの代表はこう考える appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    写真 2018-08-17 10 10 55

    EFJstore @西武百貨店池袋本店 堂々オープン!

     

    お盆真っ最中の8月15日に西武百貨店 池袋本店3F ハニカムモード売り場にEFJstoreがオープンしました。28日までの2週間の期間限定ストアになります。全巻共通の「チェック」のテーマにilo itooのコルテスカートを着せていただきました。

     

    当初ご案内してました、KISSACOの商品ですが、ベルトトート以外にもワンショルダーやスクエアトートも入荷しております。この在庫が無くなると、モデルチェンジになりますので、気になっていた方はぜひ、バック見に来てください。

    KISSACO

    左:蝶々柄ベルトトートSサイズ 右:スクエアトート

    今回は唯一のアクセサリーブランドとして、Felizが店頭に並んでおります。夏にぴったりのホワイトシェルを使ったアクセサリーや、1年中季節ごとの洋服に合わせられるマザーオブパールやタイガーシェルなどフィリピンで取れる貝を生かしたアクセサリーも魅力的です。

    Feliz

    左:フィリピン特有のタイガーシェルを使ったアクセサリー 右:ぷっくり分厚いのが特徴的なFelizのマザーオブパールシリーズ

     

    そしてやはり気になるのがアパレルブランド達じゃないでしょうか?

    まだまだ外は暑いですが、風は少しづつ秋の風になってきています。ちょうどこの移り変わりに重宝しそうなコットン素材の洋服達。インドやガテマラの現地のことを想像しながら着る服はまた格別です。

    アパレル

    左:iloitooのコルテスカートとターメリックで染めた黄色が綺麗なretelaのbagluシリーズ。 右:ブロックプリント工場から出る廃材を利用して出来上がるretelaのスカートエプロン

     

    明日から週末です。雑貨なども豊富に揃っておりますので、ぜひ、この機会に西武池袋まで 足を運んで見てはいかがでしょうか?

    雑貨

    左:ilo itooのハチドリビーズチャーム。 右:インドのカンタ刺繍を施したパッチワークショール

     

     

    イベント詳細
    名称:EFJ store@西武池袋本店
    西武池袋本店 3階=(中央A6)ハニカムモード売場
    お問い合わせ=03-5949-3976(売場直通)
    日時:8月15日(水)~8月28日(火)
    [月〜土]午前10時〜午後9時[日・祝休日]午前10時〜午後8時
    出店ブランド:ilo itoo / rétela / Feliz / KISSACO

    The post 池袋にEFJstoreオープンしました! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    東急百貨店吉祥寺店に出店。

    9月から11月のロングラン!

     

    みなさん、秋冬の準備始めていますか?EFJstoreは9月から11月の2ヶ月間、東急百貨店吉祥寺店の3階に出店します。こちらのフロアは今年の5月に新しくリニューアルされた“武蔵野マルシェ“というフロアで、日本中からはもちろん、世界各地から集まったユニークな雑貨や美味しいものが大集合しています!休憩場所もフロア内各所にあり、お買い物の途中で休憩して何を買うかを決めるなんてこともできちゃう場所です。週末は独自のイベントなども開催しているようです。 6月には1階で出店させていただきましたが、そのご縁が繋がり、今回は3階に出店します。

    エシカルな全身コーデに挑戦!?

    EFJstoreは今回、2ヶ月のロングランで出店します。場所は下りエレベータの横すぐ。今回は洋服や雑貨などを集め、全身コーディネートできちゃう?くらいのバリエーション豊かなブランドと商品をセレクトしました。また、エシカルカテゴリーでもフェアトレード、アップサイクル、オーガニックなど各種色々なエシカル要素を取り入れた内容になっています。ぜひ、EFJstoreのスタッフに商品にまつわるエシカルストーリーを聞きにご来店してみてください。

    今回EFJstore からはilo itoo、MAITE、ピープルツリー、Chicolatte の4ブランドと、マンスリーブランドを合わせた5ブランドが登場します!マンスリーブランドとは、月毎に替わるブランドのことです。9月のマンスリーブランドはKISSACOで、9月13日から30日まで登場します。10月、11月もお楽しみにしてください。

     

    ブランド紹介

    コルテスカート_バナーilo itoo (イロイト)

    出店する毎に大人気のilo itooですが、今回は秋冬を意識したカラ-をたくさんご用意しています!秋が終わっても長く使えるオンリーワンのコルテスカートを見つけてみては?

     

     

    MAITE靴下MAITE(マイテ)

    「ワクワクする、あたたかい暮らしを」をコンセプトに、アルパカ素材を使ったニット類を中心に展開するエシカルブランド。秋から身につけられるアルパカとシルクのストールや、アルパカ靴下などが登場します。アルパカの保温性に優れた毛は、寒くなってきたときにピッタリなアイテムです!

     

    ピープルツリーピープルツリー

    お待ちかねのピープルツリー!秋冬のデザインも、シンプルすぎない大人カワイイデザインとなっています。暗くなりがちな秋冬の服に、ピープルツリーの服でアクセントを加えませんか?ぜひ一枚ずつ手に取って、手仕事を感じてください。

     

    _P5U5149Chicolatte(チコラッテ)

    女の子の「キュン!」を探すヴィンテージ素材のリメイクブランドのChicolatte(チコラッテ)。今回は吉祥寺らしいお洒落なラインナップとなっていますよ。一足早く、あなたの秋冬の「キュン!」が見つかるはず。

     

     

     

     

     

     

     

    9月のマンスリーブランド

    ベルトトート

    KISSACO(キッサコ)

    コーヒー豆の麻袋をアップサイクルして作られたオンリーワンのトートバックは、EFJstoreで扱うのはこれで最後かも?ラストチャンスをお見逃しなく。

     

     

     

     

     

     

     

    服のコーディネートに悩むことも、秋の楽しみの一つですよね。

    まだまだ暑い日が続きますが、EFJstoreで一足先に秋を感じてみてはいかがでしょうか。

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Chicolatte / 他  マンスリーブランド(9月はKISSACO)
    

    The post EFJstore 吉祥寺出店!秋冬の準備、足りてる? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    Johanna Maria Trawler in West Africa

    混獲”により、年間16万羽以上のウミドリが命を落としている

    Turtle in East Pacific Ocean混獲とは漁業において対象とする魚以外の生きものが一緒に捕獲されてしまうことです。これには漁業対象以外の魚に加えて、ウミドリ、ウミガメ、海洋哺乳類などが含まれます。ウミドリも混獲の犠牲になりやすく、はえ縄漁で使われる釣り針についたエサを食べようとするなどして、少なくとも世界中で年間16万羽が命を落としているそうです。一年間で混獲されるウミガメは30万匹にものぼるとされ、うち何万匹もが命を落としています。

    そこで、国際環境NGOグリーンピースジャパン(以下、グリーンピース)が漁業における混獲問題を提起した1分間の短編アートムービー『混獲(こんかく)—Bycatch』を公開しました。

     

     

    過酷な死を描く短編アートムービー

    今回グリーンピースがアート作品として混獲問題を提起したのは、多くの若いクリエイティブ層からの環境問題に対する関心の高まりにあります。タニクミコにより手掛けられたリサイクルした漁網ドレスを身につけ踊る二人のダンサーは、混獲の被害を受けるウミドリを表現しています。ダンサーのまわりに積まれる漁網の山は迫り来る捕獲の脅威を表しています。伸びやかに舞っていた二羽のウミドリは絡まってくる漁網に抵抗して懸命にもがきますが、動きは途絶え息を引き取ります。ウミドリたちの過酷な死をダンサーが芸術的に表現しています。

    "Bycatch" Ocean Art Performance in Japan

    私たちの知らないところで起こり続けてきた混獲問題。この機会にアートムービーやグリーンピースの活動をSNSでシェア、そして周りの友達と話してみてはいかがでしょうか?

    文:上岡美穂

     

    タニクミコ

    『混獲—Bycatch』の漁網ドレスのデザイン、映像演出を手掛ける。

    2008年からアップサイクル、リサイクル可能な材料を使用し制作したコレクション“Re—cycle—style”を発表し、現在も活動の幅を広げ続けている。(タニクミコ氏のインタビュー記事はこちら「雑誌、お菓子の袋、ペットボトル、なんでも言ってみて。彼女ならドレスにしてくれるよ

     

    グリーンピース・ジャパン
    グリーンピースは環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。本部はオランダのアムステルダムにあり、世界で300万の個人サポーターに支えられています。本プロジェクトは混獲問題の啓蒙活動として運営されています。

     

    制作メンバー
    国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(企画者)、タニクミコ(コスチュームデザイン、演出)、大月壮(映像ディレクター)、田中秀典(メイキング映像)、アシュリング・クック/Aisling Cook(ダンサー)、小佐野智美(ダンサー)、前島祐樹(照明ディレクター)、平井有太(総合プロデューサー)
    

    The post 海の生きものが遭う悲惨な結末。グリーンピースジャパンが“アート”で訴えた appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    環境・人権・動物・平和…「企業のエシカル通信簿」をつくりたい!!

    クラウドファンディングに挑戦します。ご支援をお願いいたします

    https://readyfor.jp/projects/ethicaltsushinbo

    イラスト1縮小

    イラスト:みなみななみさんからの寄贈

    「買い物は投票!」を合言葉に全国各地から39団体が結集し、エシカルな社会を実現するためのネットワークを作りました。それが「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)」です。ETHICAL FASHION JAPANもそのメンバーとして初期段階より活動に参加しています。

     

    地球環境、人権、動物の福祉などに配慮して作られた「エシカル商品」を選んで買うという「エシカル消費」は、海外では日常的になりつつありますが、日本では情報も少なく、まだまだ、難しいと思われているのではないでしょうか。

     

    そこで私たちは、それらの課題に真摯に取り組んでいる企業を選ぶために「企業のエシカル通信簿」をつくりました。買い物だけでなく、就職、投資にも役立つツールです。http://cnrc.jp/topics/topics-408/

    買い物b 縮小

    イラスト:みなみななみさんからの寄贈

    2016年度、17年度に5業種計22社を7つの分野で調査・分析し、企業、メディア、NGO/NPO、行政機関等からもポジティブな評価を頂きました。世間の期待も高まっています。
    (以下の参考記事もご覧ください。)

    朝日新聞未来メディアプロジェクトhttps://miraimedia.asahi.com/sdgs2030/ethical-company/

    毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180606/org/00m/010/025000c

    オルタナ http://www.alterna.co.jp/23763

     

    今年度は家電と外食産業を調査する予定ですが、残念ながら調査費用や発表会の会場費、運営費が足りず、このクラウドファンディングに挑戦することになりました。クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、人々に資金提供を呼びかけるものです。

    3年目の今年は、この調査プロジェクトを軌道に乗せていく大切な年でもあります。どうか皆さんでこの「企業のエシカル通信簿」を応援し、育てていただけないでしょうか?

     

    まずはぜひ一度、Readyforのページをご覧ください。

    https://readyfor.jp/projects/ethicaltsushinbo

     

    この支援は、11月12日(月)までの期間内に目標金額185万円に到達しないと1円も受け取れない、All or nothing 形式です。ぜひ、ご支援をお願いします。また、お知り合い、ご友人に転送・シェアしていただければ幸いです。

     

    エシカルで持続可能な社会をつくりたい!と願う私たちの活動を、ぜひ応援してください! よろしくお願いいたします。

     

    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)とは?
    
    http://cnrc.jp/
    
    気候変動、生物多様性、廃棄物問題など深刻化する地球規模の環境問題の解決には、このような問題を引き起こしている主な原因の一つである私たちの消費の在り方を持続可能な消費に変えていくことが必須となっています。
    
    1992年のリオ会議で採択された「アジェンダ21」第4章では非持続可能な消費と生産から「持続可能な消費と生産」への転換の必要性が取り上げられ、2012年の「リオ+20」では持続可能な消費と生産に関する「10カ年計画枠組み」が採択されています。また、持続可能な開発目標(SDGs)の目標の中にも「責任ある消費と生産」が掲げられるなど、世界レベルでも喫緊の課題となっています。
    
    我が国においても90年代初頭からグリーンコンシューマー活動が展開され、グリーン購入ネットワークの結成と展開、グリーン購入法の制定がすすみ、国、自治体、企業のグリーン購入活動が広がりました。また、近年では、フェアトレードが一定の広がりを見せるなど、エシカル消費(倫理的消費)に関しても取り組みが始まっています。
    
    しかし、残念ながら日本の取り組みは顕著とはいえず、いまだ市民による持続可能な消費の取り組みが経済活動に大きな影響を与えるには至っていません。とりわけ個人消費者の消費行動を変えていく活動は、部分的や地域的な成果は上げているものの、この10年間ほどは大きな進展があるとはいえず、多くの消費者が日常的な行動として取り組み、企業活動に大きな影響を及ぼすものには至っていません。
    
    そこで、当ネットワークでは、消費者から持続可能な消費を実現し、ひいては持続可能な社会を実現することを目的として2016年1月に、33のNGO・民間団体で設立されました。
    

    The post 「買い物は投票!」環境・人権・動物・平和…「企業のエシカル通信簿」をつくりたい!! クラウドファンディングに挑戦! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    DSC_9727

    EFJstoreに新ブランドが登場!

    EFJstoreで販売するのは今回は2回目となるRICCI EVERDAYが東急百貨店吉祥寺店に10月1日より登場しました。RICCI EVERYDAYは、遊び心に溢れたアフリカン・プリントを使用したバッグや小物をデザインすることで、お客様のワードローブを、トラベルスーツケースを大胆に彩り、毎日にワクワク感と驚きを提供してくれるブランドです。初日からお客様の反応もとても良く、足を止めていただく方々が多くいました。

    RICCI EVERYDAYはウガンダ在住の娘と日本在住の主婦の母が2人で2014年に始めた会社で、現在ではウガンダで2店舗を展開するブランドに成長しています。
    RICCI EVERYDAYのバックはウガンダのシングルマザーの方々が作っています。ウガンダでは、名門大学を出ていても就職率は約30%と、非常に厳しい環境です。まともな教育を受けられなかった女性が職を得ることは難しく、子供を育てながら生活していくために、過酷な仕事を選ぶ人もいます。そんな女性達が安心して働ける場所を提供しているのがRICCI EVERYDAYです。
    1点1点手作業で作られたバック。色も形も豊富で、EFJstoreの店頭を明るく彩ってくれています。
    RICCI EVERYDAYは期間限定で本日より10月28日までの一ヶ月間の販売となります。ぜひ、店頭で色の鮮やかさや豊富に飛んだ、珍しいアフリカ柄を見に来てくださいね。

     

    image1

    EFJstore 店頭

     

    嬉しい機能が詰まったデザインが人気!

    海外を飛び回る代表だからなのか、旅行や旅の時に役立つ商品が多いのも特徴の1つと言えます。RICCI EVERYDAYといえば、4WAY で楽しむことのできる「AKELLO BAG」です。基本のバックを手持ちで持つスタイルに加え、バックを折り曲げるとクラッチに変身。付属のストラップをつければショルダーや斜め掛けにもなります。その気分やスタイルに合わせてバックの形を変えて楽しむことができます。バックの大きさも大中小とありますので、ご自身の体型にあったものをお選びいただけます。バックの底マチはスナップで開閉可能なので、スーツケースに畳んでしまって、荷物をいれるときは広げるなんてことも可能です。他にも旅行先で使える、ちょっと気の効いた商品が盛りだくさんです。

     

    RICCI

    Alello Bag 4WAY 10800円〜12960円

     

     KISSACOも継続決定!

    9月の期間限定ブランドだったKISSACOですが、人気だったこともあり、まだ最後の在庫があるとのことだったため、継続が決定いたしました。展開場所は縮小になりますが、まだご購入できます。実は先週土曜日に追加納品もありましたので、新しい柄も登場しています。こちらもお見逃しなく!

    image4

     

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Chicolatte / 他  マンスリーブランド(10月はRICCI EVERDAY)
    

    The post 秋の行楽シーズン、ファッションもプレイフルに! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    注目商品1

    コルクを使用したPETAの認証も取得した
    ヴィーガンファッション雑貨が登場!

    今回ご紹介するのは、神戸で活動をしているAashaが販売している、コルクを使った財布やバックです。このコルク雑貨はインドの2名の女性が始めたもので、製品には彼女たちの動物、地球、ミニマリズムへの愛が込められています。

    注目の商品は最高級のコルクを使用したラウンドファスナー長財布です。コルクは軽量で疎水性がある優れた素材です。コルクガシという樫の木の樹皮のみを使用するため、樹を切り倒すことなく収穫できるエコでサステナブルな素材。革に代わる素材として注目されています。

    EFjstoreでは、メンズの財布たコルクでできたバックも同時に販売しております。男物が少ないと言われてきましたが、ぜひこの機会に男性の方にも持っていただける商品ありますので、ご来店をお待ちしております。

     

    Aasha1

    商品名:ラウンドファスナー長財布   ¥17,300(税込)

     

    EFJstoreでの販売は10月15日から11月14日までの1ヶ月間になります。
    まずは店頭にて商品を見にきてくださいね。

     

     

    Aasha

    Aashaはヒンディー語やサンスクリット語で 「希望」 を意味します。
    そのAashaという言葉の頭文字それぞれにAbout Alternative, Style, Health, Arts という言葉を当てはめました。
    主流ではないけれど、素敵なスタイルや、健康、アートなどに関する物や情報などをお届けしたいという想いがこもっています。
    エコでサステナブルな素材コルクを使用したカバンや財布を中心にエシカルな商品を販売しています。

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    住所: 〒180-0004 東京都武蔵野市 吉祥寺本町2丁目3−1
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Aasha / 他  マンスリーブランド(10月はRICCI EVERDAY 28日まで)
    

    The post コルクを使用したヴィーガンブランドが登場! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

     

    image1

    ワユー族の手仕事がつまったWAYUU BAGが登場!

    現在、東急百貨店吉祥寺店で開催しているEFJstoreでは、毎月マンスリーブランドとして過去2つのブランドを販売してきました。今回は第3弾 -11月のマンスリーブランドの紹介です。

    image2EFJstore初登場のこのブランドの名前はWayuu bag japan 。南米コロンビアとベネズエラの国境付近の先住民族ワユー族の女性が作り上げる、クラフトマンシップがいっぱい詰まったWAYUU BAGです。 1つ1つ手編みで作り上げられるバックは1点もので愛情のこもった仕上がりです。

    Wayuu Bag Japanの代表はコロンビア在住の日本人女性です。現地で職人さんと直接コミュニケーションをとり、フェアトレードの信念に基づいて制作をしています。大きさや、編む糸の種類にもよりますが、1つ作り上げるのに20日から1ヶ月程度かかるそうです。きちんとクオリティーチェックもしながら、正当な対価がワユー族の女性にきちんとわたるように活動しています。

     

     

     

     

     

     

    デイリーユースを考えたデザイン

    image3

    Basic line 19000yen + tax

    バックのデザインや理念は好き!と思っても、やはり気になるところは機能性ですよね。このバックの素材はナイロンやアクリルの糸を使い、洗濯機で洗うこともできます。布製だとやはり汚れが気になって、なかなか使うのをためらってしまうなんてもこともありますよね。でも、洗えるのであれば、ガシガシ使って、汚れがついたら洗濯して、1日天日干しで元どおりです。使わないときは小さく折って収納もでき、重さも軽いので、バックに色々なものをいれても大丈夫。旅行先にも使えそうですね。また、柄も豊富で手編みのため、1つとなく同じ柄がないのも特徴的です。

     

     

    鮮やかなアフリカンファブリックのRICCI EVERYDAYに引き続き、Wayuu bagはEFJstoreの店舗を彩ってくれること間違いなしです。ぜひ、一度店頭にお越しください。EFJstoreは11月14日までの開催です。

     

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    住所: 〒180-0004 東京都武蔵野市 吉祥寺本町2丁目3−1
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Aasha / Wayuu bag
    

    The post コロンビアに住む先住民族が1ヶ月かけて作るバック WAYUU BAGは登場! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    EFJスタッフを募集します。

     

     

     

    1、販売スタッフ

    関東圏での百貨店や商業施設などでの販売担当。レジ作業含む。

    プロジェクトベースでの募集になります。

    販売スタッフ:時給960円〜1350円

    搬入搬出スタッフ:時給1300円〜

    研修期間あり

    週2日から

    (週5日で働ける方大歓迎、週末だけ可)

    交通費支給(1日上限 1000円まで)

    制服用社割りあり。

    販売経験者に優遇。(販売経験なしの方は研修期間あり。)

    実際にお客様とお話し、エシカルを伝えるチャンス!実際の販売と通して、エシカルな商品の裏側を勉強できたり、お客様の直接の反応や声を聞いて、エシカルをどのように広めるのが良いのか学べる良い機会だと思います。

     

    現在募集中の販売員

    吉祥寺 12月13日から1月9日 (12月30日から1月3日は時給1350円)交通費全額支給

     

    ご興味のある方は、写真付き履歴書と共に、代表竹村宛でinfo@ethicalfashionjapan.comまでお送りください。

     

     

    2、インターン

    EFJのHPのニュース原稿作成・取材・リサーチなど

    EFJの活動やイベント運営などにかかわる業務の補助

    無給 交通費支給(1日上限1500円まで)

    毎週日曜日

    長期出来る方(最低3ヶ月出来る方)

    文章を書くのが得意という方

    グラフィック(photoshop/illustrator/inDesign)が得意という方

    WEB関係が得意という方

    イベントの手伝い (不定期)

     

     

     

    ご興味のある方は、写真付き履歴書と共に、代表竹村宛でinfo@ethicalfashionjapan.comまでお送りください。

    インターンご希望の方は得意分野と苦手分野を記入した「どうしてEFJのインターンを希望するのか?」という文章も一緒に送ってください。「どんなスキルを活かしてインターンとして働きたいのか?」というところが明確にわかると良いです。

     

    いただいたメールは書類審査の結果、面接そして、勤務開始という流れで行います。

    応募いただいた方から随時面接をし、定員に達しましたら、募集終了とさせていただきます。

     

     

    皆さまのご応募お待ちしております!

     

    The post EFJスタッフ募集のお知らせ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    東急百貨店吉祥寺店にEFJstoreが再登場!

    9月から11月に出店しました、東急百貨店吉祥寺店に再度EFJstoreが登場いたします。今度は2018年12月13日から2019年1月9日までの1ヶ月、年末年始のデパートや街が一層もりあがる季節にエシカル商品が店頭に並んでいるというのは、EFJstoreでエシカルファッションを販売してきて初の試み。今回は前回のスペースにくらべ約2倍の大きさのスペースでの展開となります。その分、出店ブランドも増え、前回無かったジュエリーブランドを加えた総勢10ブランドを同時に販売いたします。

    場所は3Fの武蔵野マルシェ内期間限定ショップエリア(下りエレベーター脇、シグナコレクションバイニキティキ前)になります。洋服やニット、カバンからアクセサリーまで幅広いラインアップをご用意します。

    前回の販売の際に来られなかったという方や、気になってた商品があって悩んでいた方など、ぜひ店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか?

    年末年始のパーティーや贈り物などに

    今回はジュエリーゾーンを作り、6つのジュエリー・アクセサリーブランドをご紹介いたします。これからの季節はなにかと集まりごとが多くなる季節です。パーティーや贈り物など、きらめくジュエリーや個性的なアクセサリーで決めてみるのはいかがでしょうか?素材や雰囲気など特徴が違う5つのジュエリーブランドが出店いたします。

    IMG_7288

    R ethical (アールエシカル)

    ミニマム&エレガンスな代官山発のジュエリーブランド。今回はSKINという姉妹ブランドのシリーズが店頭に並びます。美しい天然石を集めて、バランスを見ながら一つずつアクセサリーに仕立てています。光も艶も味方につけて、輝ける一点物アクセサリーです。また持続可能な未来のために、国際NGO/財団とコラボレーションも得意とします。

    ネックレス 15,120円(税込)

     

     

    BASEY_181203

    BASEY (ベイジー)

    名古屋発のブランドBASEYは、アフリカのタンザニア、ルワンダ、そして中米ベリーズの現地パートナーとコラボレーションし、食用後の貝や牛の角など、パートナーが住む土地で採れる素材から創り出すパーツを取り入れて、アクセサリーを制作しています。

    タンザニアのパートナーが4年をかけて育てるチャザ貝。光や角度でブルーやピンク、シャンパンゴールドに色を変える真珠貝は、さりげなく煌めきと華やかさをプラスしてくれるアクセサリー。ピアス、ネックレス共にご用意しております。

    タンザニア チャザ貝のイヤリング 9,612円(税込)
     
     
     
     
     
     

    Phuhiep (フーヒップ) phuhiep

    飾るのではなく。主張するのではなく。内側にある個性や想いをそっと魅き出すようなアクセサリー。そんな静かで確かな存在感を持つ⼤人のアイテムを探している女性に、そして男性に。
    京都産の絹糸など、主に日本の高品質な素材を使い、手仕事によるディティールに凝った、上質なアクセサリーを提案しています。 アトリエはベトナム・フエにあり、現地の女性アーティザンたちの自立支援を促すことにもつながっています。
    Phuhiepの代名詞である手編みのニットリングを繊細に表現したオリジナルのメタルチャームは、K18GoldやSilver925素材で異なる 仕上げに。ブレスレットには、害獣として駆除された鹿の革を再利用したレザーコードを使用し、男性にもオススメなユニセックスのアイテムです。
    DOT / ドット BRACELET

    GOLD 15,120円(税込) SILVER  6,372円(税込)

    ANTIQUE 6,156円(税込)

     

     

     

     

    ビオジュエリーGxGシリーズ

    ビオジュエリー Coloridas(コロリーダス)

    摂氏40℃のブラジルの大地で、多様な人種から生み出されるカラフルな文化と新たな価値をお届けするニューラグジュアリーブランド。自然保護のもと、ブラジルの一部の地域に自生し、 一本一本手摘みで収穫される貴重な草を使った職人による手仕事を取り入れたオリジナルジュエリー 「ビオジュエリー®」。日本の耐熱ガラスメーカーHARIOを母体とした、ガラス工房「HARIO ランプワークファクトリー」とのコラボレーションによるビオジュエリー®️黄金の草の輝きは表面のガラス質からできていると言われており、ガラスとの相性はピッタリです

    ビオジュエリー Grass x Glass シリーズ 左 ティアドロップ 28,080円(税込)  右スクエア 本体24,840円(税込)

     

     

     

    image1

    SEEDS BY PHUHIEP (シーズ・バイ・フーヒップ)

    Phuhiepのカジュアルライン。一つ購入されるごとに300円が現地の子供達への支援活動に活用されるチャリティー付きです。SEEDSという名前には、アクセサリーを身につけられるお客様、そして商品が作られている現地の人々の幸せの種になるように、という思いが込められています。写真のピアスはまるでキャンディーのような、遊び心のあるパンチの効いたカラーミックスが楽しいピアス。同デザインのイヤリングもあります。

    マルチカラータッセルピアス  3,132円(税込)

     

     

    ファンピアス

    Feliz (フェリーズ)

    「HAPPYがつながるACCESSORY」をコンセプトに、ナチュラルかつアーバンなエシカルジュエリーを販売しています。フィリピンのお母さんたちとパートナーシップを組み、雇用を生み出すことで現地の子供たちの生活・教育の機会向上を目指しています。写真のピアスは角度によって色が変わって見えるラブラドライトやオパール、ムーンストーンを使用したピアス。耳元を艶やかに彩ります。華やかな機会の多い季節にピッタリのアイテムです。

    ファン ピアス 10,584円(税込)

     

     

     

     

     

     

    前回人気の4ブランドが再登場!

    前回出店してお客様から高評をいただきました4ブランドが再度登場いたします。本格的に寒くなってきたこの季節にぴったりのニットや洋服などを取り揃えております。

     

    _DSC0299

    RICCI EVERYDAY(リッチー・エブリデイ)

    アフリカンプリントの布を使ったカラフルでプレイフルなバッグやトラベルグッズをご紹介します。
    全ての商品は、ウガンダの女性たちが一つひとつ丁寧に製作しています。
    冬の装いに、ワンポイントでぜひ取り入れてみてください。
    ミディアムアケロ:10,044円(税込)
     
     
     
     
     

     

     

     

    S

    MAITE (マイテ)

    「ワクワクする、あたたかい暮らしを」をコンセプトに、アルパカ素材を使ったニット類を中心に展開するエシカルブランド。最新アイテムのご紹介。アルパカ70%、シルク30%の素材の肌に気持ち良く、しっかり温かいレッグウォーマー。ショート丈なので取り外しが簡単。オフィスやお家での防寒対策におすすめです。やさしくフィットするので、就寝時にもご利用いただけます。

     

    アルパカシルクのショートレッグ&アームウォーマー: 3,240円(税込)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    PT

    ピープルツリー

    ピープルツリーでご紹介している製品はすべて自然素材を手仕事によって仕上げたものです。人にも環境にも健康的な方法で作られたおしゃれな服、かわいい雑貨たち。日々の暮らしを楽しむ中で、皆がエシカルで幸せになれるように。それが、ピープルツリーがものづくりに込めた想いです。この季節にぴったりのニットもご用意します。手編みのニットはネパールの女性たちが編んでおり、ハイゲージニットはニュージーランド産のものです。ニュージーランドでは、ヒツジに残酷な処置をする「ミュールシング」を法律で禁止しているからです。素材の背景にもこだわりのあるウールニットをぜひ、お試しください。
    ウールニットVネックプルオーバー 16,200円(税込
     
     
     
     
     
     
     
     
    ILOITOO_冬コーディネート

     ilo itoo (イロイト)

    中米グアテマラで作られたカラフルな手織物や、マヤ民族の腰巻をアップサイクルした一点物のコルテスカートを販売するブランドです。古布ならではの優しい肌触りをもった一点物のアイテムとなっています。ぜひ触って古布の柔らかさを楽しんでみてください。出店する毎に大人気のilo itooですが、今回は秋冬を意識したカラ-をたくさんご用意しています!

    コルテスカート M 11,880円(税込)L 12,960円(税込)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    期間:2018年12月月13日(木)から2019年1月9日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    住所: 〒180-0004 東京都武蔵野市 吉祥寺本町2丁目3−1
    出展ブランド: BASEY / bio jewelry by coloridas / Feliz / ilo itoo / MAITE / phuhiep / R ethical / RICCI EVERYDAY / SEEDS BY PHUHIEP /  ピープルツリー
    

    The post フェスティブシーズンにエシカルなチョイスを! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.