Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

Ethical Fashion PR

older | 1 | .... | 15 | 16 | (Page 17) | 18 | 19 | .... | 30 | newer

    0 0

    株式会社ユナイテッドアローズ(代表取締役 社長執行役員:竹田光広、東京都渋谷区)は、「UNITED ARROWS green label relaxing (ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)」の全国62店舗で、「東北コットン」を使ったオリジナルカーディガンを、今年も7月22日より発売する。

    IMAGE: Courtesy of UNITED ARROWS

    IMAGE: Courtesy of UNITED ARROWS

    The post UNITED ARROWS green label relaxing 「東北コットン」を使ったオリジナルカーディガンを今年も発売 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    →2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY12 ゴミが生まれる瞬間、ゴミ箱行きを未来に延期させるコツ

    東京に戻りました! 今日は中央線デーなので、動きやすい格好です(そういえば「INHEELS」って「ヒールを履いて」っていう意味なのに、代表があんまりヒール履いてないですね……笑)。

    今日のハットとパンツは、服の交換会で友人からもらったもの。バッグは母のお下がりです。なんて安上がりなワタシ……。スニーカーは、創業時にアシックスさんのインタビューを受けたときに履いたアシックスのもの。トップスは「INHEELS」のアランチャトップをむら染めにしたアップサイクルコレクション。この連載でも何回か出てきている「アップサイクル」という言葉、リサイクルと似ていますが、できたものが元のものより価値が上がっているという意味です。ぜひ覚えてくださいね!

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY12 ゴミが生まれる瞬間、ゴミ箱行きを未来に延期させるコツ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    米エシカルファッションのオンラインマガジン「ECOSALON」が選ぶ夏のサンダル8選! 長く愛用できるデザインでありながら、2014年夏のトレンドもしっかり抑えた嬉しいセレクトです。

    Avarcasのクラシックサンダル

    スペイン・メノルカ島で手作業で製造されるシンプルな「Avarcas」のサンダル。サイズや色の展開が豊富だが、今季特にオススメはパステル系のカラー。
    avarcas

    The post 今夏履きたい! エシカルなサンダル&シューズ8選 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    株式会社フェリシモ(矢崎和彦、兵庫県神戸市)は、プランナー/バイヤーの Mrs.f (ミセス.エフ)による、リサイクルやリユースを超える新しい「モノ作り」のカタチ、「アップサイクル」をテーマにしたデジタルリーフレットを6月18日より公開。「これからはUpcycle宣言!!」をテーマに、「アップサイクル」をコンセプトに商品開発を行い、情報発信とともに新商品を発表していくという。今回は、工場で廃棄を待つだけだったデッドストックのアクリル板をユニークなアクセサリーへ変身させたアイテムを販売している。
    515845f82a

    The post フェリシモの Mrs.f が「アップサイクル宣言!!」で新商品 デッドストックのアクリル板を活用したアクセサリー appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    →2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY13 夜の特別版! INHEELS の本領発揮スタイル!

    本日はいつもと違って、夜の特別版(笑)! といいつつ、実はこれが「INHEELS」の本領発揮でもあります……。
    inheels-30days-day13

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY13 夜の特別版! INHEELS の本領発揮スタイル! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0
  • 07/17/14--16:00: 好きなことの探し方
  • 私は「世界中の人が好きなことをして生きれば世界が平和になるから、みんな好きなことをして生きよう」という旨の文章を書いているのですが、読者の方からよくいただく質問があります。

    それは「好きなことはどうやって見つければいいんですか?」という質問です。

    物心ついたときから音楽に触れて、「俺には音楽しかないんだ!」って言える人は本当に幸せですよね。でもそんなものがない人もたくさんいると思います。

    人はやっぱり、やりがいや生きがいを求める生き物で、与えられたものをこなすだけのルーティンワークの日常はどこか退屈。だから趣味でもいいから好きなことをしたいけれど時間もないし、そもそも自分が何が好きかが分からない。私が好きなことっていったい何? ーーこんなことを思いながら悶々として生きている人も少なくないのではないでしょうか? 私自身もそうでした。

    The post 好きなことの探し方 appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    →2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY14 トレンドってほんとに悪?

    今日は千駄ヶ谷のオフィスで仕事。この辺りは東京の中でも緑が多くて大好き。国立競技場のすぐ近く、オリンピックであんまり変わらないといいけど……。
    inheels-30days-day14

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY14 トレンドってほんとに悪? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    最近、クリエイティブな方々のお話を聞く事が多かったのですが、その中で感じたお話を今日はしようかと思います。

    クリエイターと一緒にいるとやはり、何かの力をいつももらえます。それはなぜかと考えてみると、やはり彼らの力の源は熱い魂のような、何か言葉にはできない希望や感情などをみんな心の中に秘めていて、夢の話や専門分野のお話になるとみなさん真剣に熱く語ってくださいます。それらのお話は、ズドンと心に響く何かを持っていて、その真剣な表情を見ているだけでもなぜか、「おお!」と心引かれるものがあります。

    The post 世界で一番素敵な服をつくる! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    →2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY15 友人たちとの楽しい時間に……

    最近友人といっしょに過ごす時間が多くて楽しいです。今日は、大学の頃からの友人宅で飲み会。人間、死ぬときに後悔することのナンバー2が「友人を大切にすれば良かった」と聞いたことがあります! 後悔したくないからってわけではないけれど、やっぱり少しでも話してお互いアップデートするだけでも満足度がとっても高い。

    ちなみに宅飲みの差し入れは、余っていたワインにシナモンとカルダモンを煮込んで、オレンジジュースを入れて冷やした自家製サングリア。どうしたらいいか分からないワインがみごとによみがえった、ある意味「アップサイクル」だったのでした(笑)!
    inheels-30days-day15

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY15 友人たちとの楽しい時間に…… appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    ロサンゼルスのイマドキクールなスタイルが、西アフリカ・ガーナの伝統とマリアージュしたらどうなるか? ーーその答えを知るには「Della」をチェックすると良い。「Della」は、L.A.に拠点を置くファッションブランドで、人々のファッションの買い方を変えるに違いない。オーナーであるTina Tangalakisは、直接西アフリカの生産者グループと取引をし、雇用を創出するだけでなく、教育や職業訓練の機会をスタッフに提供している。
    della-soul-1

    L.A.生まれのTina Tangalakisは、California Institute of the Artsでコスチュームデザインを学んだ後、映画やテレビのスタイリストとして働いていた。しかし、何か生活を変えたくて、ガーナにボランティアに行くことにしたという。

    The post 西アフリカ・ガーナ生まれのL.A.スタイル! ちょっと不思議な組み合わせがかわいい Della のストーリーとは? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY16 なんだかんだお部屋グッズもエシカルになったなぁ

    今日は、お世話になっているYAMATO STUDIOのフォトグラファー・和美希(やまと みき)さんと、新しいアップサイクルアクセサリーコレクションの撮影の打ち合わせ……と思いきや、周りの友人の方々もたくさん集まってのホームパーティー。カレーとモヒート作りました! 仕事も一緒にできて、かつ良い友人でいられる人って私の周りに何人かいるんですが、とっても貴重な存在です。
    inheels-30days-day16-1
    シンプルな「ピープル・ツリー」のオーガニックコットンxフェアトレードタンクトップ、活躍してます。ロンドンの「ピープル・ツリー」で働いていたことがあり、私の原点で尊敬するブランドです。そしてばっさばっさのロングスカートは「Atelier R」のヴィンテージ。ちなみに美希さんは、「INHEELS」の大人気商品Vanessaスカートをセクシーに着こなしてくれています。

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY16 なんだかんだお部屋グッズもエシカルになったなぁ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    あなたは1週間、どのくらいの食べ物があれば十分ですか? 大量生産によって、日々膨大な量の食べ物が日々作られ、売られています。この動画は、飽食すさまじいといわれるアメリカの、リアルな飽食事情を探るVTR。いったいアメリカ人は、どのくらい食べ過ぎ・捨て過ぎなのか? そこで、アメリカの家庭と、他の国の家庭で、1週間に消費する食料の量を写真で比較してみました。

    overcomsumption1

    アメリカのいち家庭が、1日平均的に摂取するカロリー量は3453kcal。この写真の家庭では、1週間の食費は341.98ドル。他の国の家庭と比較して、加工食品の量も目立って多いです。
    overcomsumption2

    このエクアドルのある家庭では、1週間の食費は31.55ドル。
    overcomsumption3

    チャドのこの家庭では、1週間の食費は1.23ドル(685CFAフラン)。

    アメリカにある高校。ビュッフェスタイルの食堂では、日々学生たちが、好きなだけ取っては、食べきれなかった食べ物をどんどん捨てています。
    overcomsumption4

    「なんで残しちゃったの?」と尋ねると、「最初選ぶときはたくさん食べなきゃ! って思ったんだけど、全部食べられなかったんだよね」。
    overcomsumption5

    洗い場で見ていても、日々ほとんど食べられていないプレートがたくさん見られるそう。それにしても、ほとんど食べていない……じゃあ、なんで取るんでしょう……。
    overcomsumption6

    VTRではその後、アメリカでは食料のためにどれほどのエネルギーが消費されているか、どれほどの量が捨てられているか、そしてそのリスクなども紹介しています。「世界にはご飯を食べられない人がいる」は、途上国に限った話ではないーー自国・アメリカ内にも、貧困ゆえに満足に食べられない人がどのくらいいるかも説明しています。

    日本も似たような状況。コンビニやスーパーで簡単に食べ物が手に入りますが、そのぶん大量に食べ物が捨てられています。食べないのに作る・売る。食べたくても食べられない。そんな、アンバランスな状況が生まれています。

    あなたにとって、1週間の間に本当に必要な食べ物の量はどのくらいですか?

    The post いったいどれだけ食べれば満足なの? 各国の家庭に1週間に必要な食料を見せてもらったら…… appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY17 社会貢献は、どちらかといえば目的というより結果かも

    今日は午前中に一つ取材をして頂きました。秋発行の媒体だったので、今年の秋に発売になる新しいセットアップを着て。取材のときには「INHEELS」らしくヒールを履いていたのですが、動き回るために途中からフラットに履き替えてしまいました。
    20140723-123850-45530101.jpg

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY17 社会貢献は、どちらかといえば目的というより結果かも appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    イギリス・ロンドン出身のファッションモデルであり女優のLily Cole(リリー・コール)。ドール系のモデルが流行した頃にデビューし、またたく間に人気になったモデルで、「CHANEL」「HERMES」「ANNA SUI」をはじめ、数々の有名ブランドのファッションショーにも登場している。さらに、ケンブリッジ大学に合格した才女でもあり、努力家であることもよく知られるところだ。

    IMAGE: http://lookbook.veja-store.com/en/285-2/ から引用

    IMAGE: http://lookbook.veja-store.com/en/285-2/ から引用

    そんなリリー・コールは、イギリスの環境保護団体であるSKY RAINFOREST RESCUE(スカイ・レインフォレスト・レスキュー)のアンバサダーを務めており、2013年にはブラジル・アマゾン産の天然ゴムによって作られた指輪やペンダントなどのジュエリーコレクションを手がけたこともある。

    そして今回パートナーシップを組んだのが、フランス発のエシカルシューズの重鎮ともいえるブランド「VEJA(ヴェジャ)」。北ブラジルのアグロエコロジー(自然と共生する農業)の農場で栽培したオーガニックコットンと、アマゾンでとれたゴム、アカシアタンニングのレザーを使用する、スニーカーを中心としたシューズブランドだ。

    The post エシカルシューズの重鎮 VEJA とモデルのLily Coleがコラボしたスニーカーがかわいい! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    ※ETHICAL FASHION JAPANでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。

    衣料を作るのに欠かせないコットン栽培地では、世界で100万人もの児童労働者を抱えているともいわれています。中でもインドは、少なくとも38万人がコットン種子生産を目的として働いているとの調査結果もあり、問題は深刻です。

    本セミナーでは、アパレルのサプライチェーンにおける原材料の生産現場が抱える課題を、企業としてどう捉え、どのように解決に取り組むべきか、考えます。

    さらに世界の動向や、ACEによる取り組みと企業との連携事例などの協働プロジェクトをご紹介します。
    ace-seminar-3

    The post 【セミナー】アパレルのサプライチェーンの課題と解決策 ~畑からブランドにつなげるエシカルファッションを目指して~ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY18 数字で見る! ファストファッションは節約になっているか?!

    今日は、日差しよけ・冷房対策に「OSKLEN」の白シャツ。シャツの中に着た柄タンクトップは、服の交換会で頂いたもの、スカートは「INHEELS」のオーガニックコットン・バンブー製でフェアトレードのVanessaスカート、そしてこれまた「OSKLEN」のウェッジです。

    手に持っているのは、創刊号から「ファッションの裏側」についてコラム連載をさせていただいている雑誌「TRUNK」。動き出したくなる、旅に出たくなる内容はとってもオススメ! 
    inheels-30days-day18

    ところで「環境と社会に配慮したエシカルファッション」は、かなりお金がかかるイメージを持っておられる方も多いと思いますが、私が服にかけるお金は、かなり現実的な範囲だと思います。

    確かに、かっこよくて表参道ヒルズに店舗もあり、環境意識も高い「OSKLEN」は、正直高い方だと思います。シャツで25,000〜30,000円くらい。ただし、それ以外の私が着ているアイテムはかなりの低価格。リサイクルショップで買ったものや古着、若い層向けの「INHEELS」の商品は結構安く、今日のスカートは6,200円(税抜)。服の交換会でもらったものやお下がりに関してはもちろんタダです。

    本当に好きなブランドの商品と、ストーリーのあるタダ〜低価格商品のミックス。新しい服を買う頻度もかなり減りましたので、出費の合計はかなり押さえられていると思います。

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY18 数字で見る! ファストファッションは節約になっているか?! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    アーティスト兼デザイナーのAnna Zaboevaは、生地を作ることがどれほどたいへんなことか、よく知っている。植物や蚕がいかにして糸になり、染められ織られ、やっと生地ができる。彼女は、人が膨大な時間も労力を要した生地を、安易に捨てるのは罪だとすら考えている。

    Zaboevaが設立したのは「PleaseMachine」というシューズブランドだ。タペストリーやシルクスカーフ、ヴィンテージの衣服に、ユーズドのレザー。あらゆるファブリックをリサイクルしている。チャリティショップにヴィンテージショップ、ときにゴミの山や友人たちのいらない服から見つけ出した生地。どんな生地も、時間と労力を掛けて創りだされたものであり、彼女にとって宝物だ。
    PleaseMachine-5

    The post あなたが捨てたその生地は、膨大な時間と労力を掛けて人が作り出したもの 〜服を靴に変えて、その仕事を称える PleaseMachine appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    『エシカルファッションを取り入れる』って、実際どうすればいいの? ーーそこで実際にエシカルファッションをデイリーに楽しむのが、レディースエシカルブランド「INHEELS」の共同設立者・YUKAさん。

    2012年、1カ月にわたり、実際に日々のエシカルコーディネートを披露してくださいましたが、好評にお答えして、2014年のパワーアップ版がスタート! 1カ月のリアルなエシカルスタイルをご紹介します!

    2012年の1カ月コーディネート企画「INHEELS・YUKAの60%エシカルライフ 30DAYS!」はこちら

    DAY19 2年間眠らせてしまったスカートを再び着るきっかけになったこと

    それにしても、暑いですね。

    今日は「ずっとお気に入りなんだけれど、なぜかずっと履けなかった」因縁のパリスカート。プリントとスパンコールでパリのエッフェル塔やセーヌ川や木、人々や建物が描かれています。
    inheels-30days-day19

    2年前の連載時にも登場したこのスカート、ロンドンのエシカルスタイリスト・Lucy Harveyから買った中古品です。この精巧なプリントにはただただ感動するのみなんですが、問題はこのシルエット。こういうひざ下丈フレアスカートというのが私にはとっても難しくて、2年前のこの日に履いてから今日までずっとクローゼットの中に……。

    The post ETHICAL CLOSET 30days! DAY19 2年間眠らせてしまったスカートを再び着るきっかけになったこと appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    ※ETHICAL FASHION JAPANでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡は受け入れ先さまへお願いします。

    IMAGE: Courtesy of NADELL

    IMAGE: Courtesy of NADELL

    NADELLは、オーガニックコットンをはじめ、天然素材の持つやさしさ・ 風合いをできるだけ生かした、環境への負荷を抑えた製法にこだわる服づくりをしています。特にオーガニックコットンの色付けについては、職人の方々とのコラボレーションによる染色作業の中で、素材本来が持っているテイストを最大限に生かしながらも、人のからだにやさしい染色技術を追求しています。人、物、事の日々の出会い・関わりを大切に何よりも気持ちを込めた「ものづくり」を提案します。

    人にも自然にもやさしいナデルのものづくりと同じように、人とのつながりや個性を大切にしている心地良い職場です。私たちと一緒に前向きに楽しく、明るく歩んでいける方、歓迎いたします。

    1. 店長候補[正社員又は契約社員]・販売スタッフ[アルバイト]募集(経験者のみ)
    仕事内容:接客販売、レジ業務、商品管理、品出しなど
    給与:経験により、面接で応相談
    期間:即日~長期
    勤務時間:9:30~21:00の間で実働8時間程度
    勤務地:大阪ミナミ地区有名百貨店
    待遇・福利厚生:各種社会保険完備、交費規定支給、試用期間有(3ヶ月)
    対象となる方:
    ・人と接することやファッションが好きな方
    ・当ブランドのコンセプトに共感いただける方
    ・オーガニックコットンやエシカルファッションに興味のある方
    ※週5日フルタイム勤務が可能な方歓迎
    
    2. 生産管理スタッフ[アルバイト](経験者のみ)
    仕事内容:製品の発注、納期、スケジュール管理、品質管理、コスト管理に関わる業務
    給与:経験により、面接で応相談
    期間:即日~長期
    勤務時間:9:30~21:00の間で実働8時間程度
    勤務地:京都
    待遇・福利厚生:各種社会保険完備、交費規定支給、試用期間有(3ヶ月)
    対象となる方:
    ・アパレル業界での生産管理業務の経験のある方
    ・当ブランドのコンセプトに共感いただける方
    
    【応募方法】
    履歴書・職務経歴書(手書き・写真添付)、自己PR文をNADELL Kyotoまでご郵送ください。追って、ご連絡をいたします。
    ※応募いただいた書類はご返却できませんので、ご了承ください。
    
    <送付先>
    〒604-0903 京都市中央区河原町通夷川上ル指物町330-2
    株式会社ハミング(NADELL Kyoto 河原町店)
    採用担当宛
    
    問い合わせ先:contact@nadell.jp
    

    The post 【社員&アルバイト募集】 NADELL の店長候補・販売スタッフ、生産管理スタッフ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    takeshi-sakai

    毎月1名、エシカルイケメン男子をご紹介する本企画「How Would You Make Me a Princess?(私をどうやってお姫さまにしてくれる?)」。7月は、「ピープル・ツリー」No.1モテ男の坂井武志(さかい たけし)さん!
    坂井武志さん
    ピープル・ツリー マーチャンダイザー/通販マネージャー
    インテリアの専門学校を卒業後、リフォーム会社に勤務。アパレル業界に興味を持ち、レディス服がメインの会社に転職。営業、店舗運営エリアマネージャー、マーチャンダイザーなどを担当。2012年にピープル・ツリーに入社。現在、同社全体のマーチャンダイザーから在庫管理、通信販売のマネージャーを兼務。
    
    Q.まずは「ピープル・ツリー」で仕事をするきっかけを教えてください。

    もともと洋服は好きだったのですが、10代の頃、ファッション誌同様よく読んでいたのがインテリア関係の雑誌で、専門学校でインテリアを学ぶことにしました。卒業後、某ハウスメーカーに就職し、リノベーションをメインとした仕事を5年間しました。10代の頃は、ファッションを仕事にするなんて考えは全くありませんでした。しかし、なにか違うことがやってみたくなり、どうせなら好きな洋服に囲まれた仕事がしたいと思って、アパレル会社に転職しました。いま思えば、これが自分の1つの転機でした。

    その後、何度か転職を繰り返していましたが、ちょうど新たに仕事を探しているタイミングで、「ピープル・ツリー(以下、PT)」も人員を募集していたのがきっかけです。入社した当時は、全くフェアトレードについても、「PT」がどんな商品を作っているのかも分からない状態でした。3年目に入ったいまも、勉強中です。しかし実際に現場に立ち、そういった意識の高い方々と仕事をするようになり、自分もフェアトレードに興味を持ち始めているのは確かです。

    Q. 「PT」の中ではどのようなお仕事をしていますか?

    マーチャンダイザーとディストリビューター、そして通信販売マネジャーです。主に、商品の企画前に商品計画を組むのが一番大きな仕事ですね。理想的には、「たまたま買った服がフェアトレード商品だった」というように仕向けたいと思っているのですが、まだまだ試行錯誤しています。でも、世の中の人々が欲しがっている商品を作っていけば、自然とそうなると思います。お客さまのニーズや、マーケットを見て、お客さまに手に取っていただける機会を増やしたいと考えています。
    takeshi-sakai-2

    The post イケメンカレンダーJULY~ ピープル・ツリー坂井武志さん appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


older | 1 | .... | 15 | 16 | (Page 17) | 18 | 19 | .... | 30 | newer