Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 561 to 580 of 581)
(showing articles 561 to 580 of 581)

Channel Description:

Ethical Fashion PR

older | 1 | .... | 27 | 28 | (Page 29) | 30 | newer

    0 0

    FashRev_FB_coverimage_4

    世界的キャンペーン: ファッションレボリューションに参加してみよう!

    今回で5回目の開催となるこの運動。今年のファッションレボリューションウィークの開催期間は4月23日から29日です。このキャンペーンに賛同し、共にムーブメントを作ってくれる方々を募集します! ファッションレボリューションの実行委員は主に東京にいるため、どうしても東京中心でのイベントになってしまうということもあり、この運動を全国に知ってほしい!という願いを込めて。あなたの周りの仲間と一緒に自分の地域の方々にファッションレボリューションを知ってもらうイベント企画してください!

    FashRev_Campaign_posters7

    このイベントを、自分の周りに向けて発信しましょう!

    ファッションレボリューションウィークでは、洋服が作られる背景に目を向けるよう、アパレルブランドに事業の透明性を求めよう、と呼びかけるために、世界各国で様々なイベントが行われます。世界90カ国以上の国が参加する国際的なムーブメントになりつつあり、世界中の企業、従業員、生産者、そして消費者がSNSを通してメッセージを発信しています。発信の仕方は様々で、ご自身の地域で楽しめるイベントにしてください!また、そのイベントをファッションレボリューションジャパンでも拡散、周知のお手伝いをさせてください!

    あなたの団体も、このイベントに参加して、発信してみませんか?

     

    FashRev_BrandAssetsforSocialMedia_9ファッションレボシューションウィークの成り立ちは?

    このイベントの背景には、2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカで起きた衣料品工場ラナ・プラザの崩壊により、1,100人以上が犠牲になった事故があります。ヨーロッパの大手ファッションメーカーが多数入っていたラナ・プラザの、劣悪な労働環境やずさんな安全管理が明らかとなり、今ファッション産業のあり方が問い直されています。ファッション・レボリューション・デーとは、このような悲劇を二度と起こさないために、私たちは何をするべきなのか、何ができるのかを考えなおすためにスタートした国際的なキャンペーンです。

     

     

     

     

     

     

    実際にイベントを企画してみよう!

    FashRev_BrandAssetsforSocialMedia_43

    ファッションレボリューションイベントを企画するにあたり、内容は様々です。「ラナピラザの事故が二度と怒らないように、そのために何が必要なのか?」というところをベースにアイデアを出し合い企画していただければと思います。地域や仲間と話し合って、みんなで楽しめるイベントにしてください。

     

    例えば、このようなイベントの内容でファッションレボリューションへの参加方法があります!

    ★上映会をしよう!

    「ファッション業界」や「服の生産・消費」について考えるきっかけを
    提供してくれる映画を上映しましょう!
    以下の映画がオススメです。

    THE TRUE COST
    大量生産・大量消費が問題と、
    エシカル&フェアトレード・ファッションに光を当て、
    ファッション産業の今と、
    向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー映画。

    RIVER BLUE
    皮革やデニムの染色による水質汚染の問題点と、
    それを解決に導くテクノロジーに着目したドキュメンタリー映画。

    SLOWING DOWN FAST FASHION
    ファストファッションブームによって引き起こされている問題を提起し、
    エコロジーフレンドリーにつながる
    ライフスタイルのあり方を考えるドキュメンタリー映画。

    ★トークイベントをする

    「ファッション業界」や「服の生産・消費」について考えるトークイベントを企画しましょう!」

    『大量生産大量消費やファストファッションの問題点』
    『エシカルファッションブランドの取り組み』
    『長く服を大切にできる服との関係性とは』
    『未来につながるファッションの楽しみ方 』

     

    書籍を切り口にするのも良いかもしれません。

    NAKED FASHION
    おしゃれとエコって両立するの?
    服を10年買わないって決めてみました
    循環するファッション
    誰がアパレルを殺すのか?

     

    ★スワップパーティーorフリーマーケットを開催する

    新品の服を買う以外のあたらしい選択肢として「スワップパーティー」や「フリーマーケット」を開催しましょう!服の寿命よりも早く飽きがきてしまうということは、往々にして起こります。大切にしてきた服を、次に大切してくれる人に手渡す場をつくりましょう。

     

    ★つくるワークショップ(服づくりなど)を開催する

    普段当たり前のように着ている服。どのようなプロセスで作ることができるのか体験できるワークショップを開催しましょう!服づくりの楽しさや大変さに触れることで、服と向き合う姿勢に変化が生まれるかもしれません。

     

    ★なおすワークショップ(染め直しなど)を開催する

    汚れてしまった服、ほつれてしまった服をなおすワークショップを開催しましょう!お直しに出すよりも買い直した方が安いこの時代。洗濯しても落ちない汚れがある服は捨ててしまうかもしれません。穴が空いた服は捨ててしまうかもしれません。そんな服を持ち寄って、みんなで楽しくなおしましょう。

     

     

    何かイベントを企画してくれる方は、fashrevjp@gmail.com までご連絡ください。

     

    FashRev_quote_AlexBogusky

    透明性は選択肢ではない。 唯一の選択肢は、自分の身に起きたことなのか?それとも、自分ごとにするのか?そのどちらかしかない。

     

    The post ファッションレボリューションが4月に開催!あなたも参加してみませんか? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    屋外エリア

    今年もオーガニックライフTOKYOに

    EFJstoreが出店します!

    2014年の発足以来、5年連続で参加させていただいています、東京エリア最大のヨガ&ライフスタイルイベント:オーガニックライフTOKYOに今年もEFJstoreは参加いたします。

    今年の日付は4月20日からの3日間。今回、大きく変わる点として、いつも屋上エリアで参加させていただいていたのが、今年から屋内エリアでの参加となりました。これで雨の心配もなく、ビル風でテントや商品が飛んでいっちゃう、なんてこともなくなり、お客様にもゆっくりお買い物を楽しんでいただけそうです。

     

    oltlogo_color_10cmx10cmオーガニックライフTOKYO今年初めて知ったよ!という方、オーガニックライフTOKYOとは年に1度,千代田区になる廃校になった中学校を改装してできた施設3331Artschiyodaで行われるイベントで、ヨガや、オーガニックな商品が一同に出店する大きな大きなオーガニックライフスタイルフェスです。9つの柱を元に「ヨガライフ、ベジライフ、エシカルライフ、ワインライフ、スパイスライフ、クラフトビアライフ、リビングライフ、ランライフ、リラックスライフ」 と様々なライフスタイルを提案している場所です。体に良いもの、心に心地よいものなど、本当にたくさんの体験ができる場所。EFJstoreはもちろん「エシカルライフ」として出店しますよ!

    ヨガやマッサージで体にエネルギーをチャージして、オーガニックな飲み物や食べ物を堪能しつつ、エシカルな買い物もできちゃう、夢のような場所に来ないのは損!?

     

    EFJstore出店ブランド紹介

    アトリエふわり【Atelier fuwari(アトリエふわり)】

    人にも地球にも優しい服は土に還る服。

    昔から衣服は食べもののようにからだを治すものだと考えられてきました。

    からだを包むことで気を通し整える

    カラフルな色をまとうことで少し明るく幸せな気分になる

    アトリエふわりではそんな着る人に優しい服を作っています。

     

     

     

    Elementum_SS17_QUATRO OPEN_Tunic【ELEMENTUM (エレメンタム)】

    「今日はTシャツとして、明日はワンピースとして」Elementumは、ポルトガル発のゼロウェイスト(無駄のない)という理念を元に立ち上がった、ナチュラルな素材のみを使用したサステナブルファッションブランドです。
    タイムレスで多機能性のあるElementumは、急速に移り行く今日のファッションの文脈に合った幅広い自己表現を可能にします。

    オランダのブランドで実際に手にとってみれるのは、レアです。

     

     

     

     

    20171105_125130【Feliz(フェリーズ)】

    「HAPPYがつながるACCESSORY」をコンセプトに、ナチュラルかつアーバンなアクセサリーを展開。フィリピンのお母さんたちとパートナーシップを組み、雇用を生み出すことで現地の子供たちの生活・教育の機会向上を目指しています。
    フィリピンの自然豊かな海を連想させる、色鮮やかな美しい貝を使ったピアスやイアリング、ブレスレットが魅力です。

     

     

    iloitoo告知素材2018【ilo itoo(イロイト)】

    中米のグアテマラの、カラフルでエネルギー溢れる手織物を存分にいかした小物・洋服を展開しているエシカルブランド。
    一押し商品である、女性らしいシルエットがかわいらしいコルテスカートは、マヤ民族の古布をアップサイクルして作られたもの。中厚手で古布ならではの柔らかさと優しい肌触りを持ち、見方によって表情が異なる、唯一無二のアイテムです。
    コルテスカート M 11880円(税込)L 12960円

     

    INHEELS2018【INHEELS】

    “who said ETHICAL is not SEXY?“(エシカルがセクシーじゃないなんて、誰が言ったの?)をテーマに、スタイリッシュなアイテムを製作するサステナブルファッションブランドINHEELS。初のユニセックスアイテムも登場。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    名称:オーガニックライフTOKYO
    開催日:2018年4月20日(金)・21日(土)・22日(日)
    出展エリア: 1F ブースNo.15
    時間:10:00〜18:00 (ヨガクラスは8:00スタート)
    会場:3331 Arts Chiyoda 〒110-0005 東京都千代田区外神田6-11-4
    入場料:無料(*ヨガクラス等は別途参加料が必要です)
    問い合わせ先:event@organiclifetokyo.com

    The post あなたは何ライフ?9つのライフが集まったオーガニックなイベントが登場! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    Enjoy Ethical!

    そごう横浜で今年で4回目のエシカルキャンペーンが開催!

    2015年より毎年5月に開催されております、そごう横浜のエシカルキャンペーンが今年も開催いたします。今回で4年目を迎えました。ピープルツリーの新作を心待ちにしてくださる方、アクセサリーをリピートしてくださっているお客様などだんだんエシカルファン!?も増えてきました。今年は、いつも行っていたシーガルコートがそごう横浜の改装により使用できなくなってしまったため、その隣のセミナースペースで開催します。会場は少し小さくなってしまいますが、6つのファッションブランドが今年も出店します!

     

    出店ブランド

     

     

    WhiteWilks_データサイズ小

    ホワイトウィルクス ゴールドチェーンピアス 税込10,368円

    BASEY(ベイジー)

    名古屋発のブランドBASEYは、アフリカのタンザニア、ルワンダ、そして中米ベリーズの現地パートナーとコラボレーションし、食用後の貝や牛の角など、パートナーが住む土地で採れる素材から創り出すパーツを取り入れて、アクセサリーを制作しています。

    中米ベリーズのカリブ海で育つウィルクス貝。優しく煌めくスパーリングホワイトとゴールドチェーンが夏の装いを彩ります。解禁時期の食用後の殻を大切に取り入れたアクセサリーでイヤリング、ネックレスもご用意しております。

     

     

     

     

    Feliz

    MOPドーナツリングスタッズピアス 税込12,960 円

    Feliz (フェリーズ)

    「HAPPYがつながるACCESSORY」をコンセプトに、ナチュラルかつアーバンなアクセサリーを展開。フィリピンのお母さんたちとパートナーシップを組み、雇用を生み出すことで現地の子供たちの生活・教育の機会向上を目指しています。フィリピンの自然豊かな海を連想させる、色鮮やかな美しい貝を使ったピアスやイアリング、ブレスレットが魅力です。

     

     

     

     

     

    コルテスカート M 税込11880円 L 税込12960円

    ilo itoo(イロイト)

    中米のグアテマラの、カラフルでエネルギー溢れる手織物を存分にいかした小物・洋服を展開しているエシカルブランド。一押し商品である、女性らしいシルエットがかわいらしいコルテスカートは、マヤ民族の古布をアップサイクルして作られたもの。中厚手で古布ならではの柔らかさと優しい肌触りを持ち、見方によって表情が異なる、唯一無二のアイテムです。

     

     

     

     

    Vanitas Main Visual

    "VANITAS" Tシャツ 税込7992円

    INHEELS(インヒールズ)

    “who said ETHICAL is not SEXY?(エシカルがセクシーじゃないなんて、誰が言ったの?)“をテーマにスタイリッシュなリアルクローズを展開するエシカルファッションブランドINHEELS。人気イラストレーターのルイス・メンドとのコラボレーションで生まれたオーガニック・フェアトレードコットンを100%使用したTシャツコレクションをご紹介します。

     

    KISSACO

    ベルトトート 税込12960円〜

    KISSACO(キッサコ)

    使用済みのコーヒー麻袋をアップサイクルしてつくったバッグを展開。加工・縫製に至るまで日本国内の職人が丁寧に仕上げています。デザイン・形によってカジュアルにもフォーマルにも楽しむことができるので、用途に合わせてぜひあなただけの柄を見つけてみては?

     

     

     

     

    コットンバティックプリント ウエストタックーワンピース税込16,200円

    ピープルツリー

    オーガニックコットンなどのこだわった天然素材を用い、 その土地に伝わる伝統技法を生かし、手仕事をする。 人にも環境にも健康的な方法で、ものづくり。 フェアトレードのアイテムは、そんな背景を持って生まれてきます。 皆がエシカルで幸せになれるように。それがフェアトレード専門ブラ ンド、ピープルツリーがものづくりに込めた想いです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    エンジョイ エシカル! @そごう横浜 
    日時:5月15日(火)〜5月21日(月)10:00~ 20:0
    場所:3階セミナースペース  (〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1) 
    参加ブランド:BASEY / Feliz / ilo itoo   / INHEELS / KISSACO / ピープルツリー
    

    The post 今年で4年目!そごう横浜のエシカルフェアにEFJstoreが出店! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    スクリーンショット 2018-05-08 16.54.31

    タリーズや東海グルメの残渣が、アパレル商品化します!

    「FOOD TEXTILE」(以下、フードテキスタイル)は、繊維専門商社の豊島株式会社(代表取締役社長:豊島半七、名古屋市中区錦 2-15-15)が展開するプロジェクトブランドです。廃棄予定の 野菜や食材を染料として活用しています。

     

    5 月3 日(木)より株式会社アイレクスリテイルが展開する雑貨ショップ「ON SEVEN DAYS」(オンセブンデイズ)とコラボレーションした新商品が発売されます!

    対象は、「ON SEVEN DAYS」全14 店舗です。

     

    国連機関や農林水産省の推計(平成27年度推計 農林水産省)によると、世界の食料生産量の3分の1が毎年捨てられ、日本の年間食品ロスも600万トンを超えるなど、近年食品ロスの問題に注目が集まっています。フードテキスタイルは、食べ物がもつ「色」に注目、染料化する独自の技術を活用し、様々な企業とのコラボレーションを通して、アパレル業界からフードロス問題に取り組んでいます。

    (*Key Findings FAO:http://www.fao.org/save-food/resources/keyfindings/en/

     

    今回、「山本佐太郎商店」・「ぞうめし屋」・「生活の木」・「タリーズコーヒー」より提供された残渣が、オンセブンデイズとの共同企画により、Tシャツとバッグに生まれ変わりました。

     

    コラボレーション商品の紹介

    PUR

    山本佐太郎商店×イモ

    岐阜県の老舗油屋「山本佐太郎商店」が展開する、和菓子職人まっちんとのコラボレーション商品、大地のおやつシリーズの「おいものかりんとう紫いも」の製造過程で出た紫芋の商品にならない端部分を使用しました。

     

     

     

     

    BEぞうめし屋×ミソ

    愛知県西尾市にある味噌屋今井醸造の3代目社長がもっと味噌の魅力を知ってもらうべく、2015年2月にオープンした、味噌を使った料理が絶品の飲食店です。味噌を製造する段階で出た残渣を使用しています。

     

     

     

     

    BIUE生活の木×マロウブルー

    世界32カ国の提携農園から厳選したオーガニックハーブや精油などを直輸入し、ハーブ、アロマテラピー、スーパーフード関連商品を製造、加工、卸、販売しています。その中のハーブティー、「マロウブルー」の残渣を使用しています。

     

     

     

    BRタリーズコーヒー×コーヒー

    シアトル発祥のスペシャルティコーヒーショップ。世界各国より厳選した豆を使い、国内で焙煎しています。エスプレッソはオーダーごとに丁寧に手動マシンで抽出しています。エスプレッソコーヒーの豆かすを使用しました。

     

    食品ロスとして扱われていた食べ物による、「色」と繊維のコラボレーションを、是非楽しんでください!

     

    (文:はねちか)

     

     

    フードロスとは ?

    国連食糧農業機関(FAO)が世界の研究者や実践者と議論してとりまとめた最新(2015年1月時点)の定義では、

    ・食料ロス(food loss):食べ物の量的もしくは質的な価値が減少すること

    ・食料廃棄(food waste):食料ロスの一部で、特にまだ食べられるのに捨てられているもの

    ※量的減少は重量(kg)が、質的減少は栄養価や経済価値、食品安全性などが減ったり損なわれたりすることを意味する、とされています。

    出典:©2016 FOODLOSS CHALLENGE PROJECT公式サイト    http://foodlosschallenge.com/

     

    The post 味噌やコーヒー豆がシャツやバッグとして再生! ~FOOD TEXTILE × ON SEVEN DAYSが、5月3日に発売開始~ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    IMG_5397

    販売スタッフが見たイベント当日レポート! 

    「オーガニックライフ TOKYO」のイベントが4月20日(金)・21日(土)・22日(日)の 3 日間開催され、EFJ は今年も参加してきました!オーガニックライフTOKYO とは2014年の発足以来、今年で開催5回目を迎えたライフスタイル全般の提案を行う東京エリア最大のヨガイベント。「ヨガライフ、ベジライフ、エシカル ライフ、ワインライフ、スパイスライフ、クラフトビアライフ、リビングライフ、ランライフ、リラックスライフ」 という9つの柱があり、それぞれの分野に興味のある方に楽しんでいただけるイベントになっています。今年は3万人以上もの人が来場し、盛況のうちに閉幕しました! 当日、EFJからは5つのブランドが出店しました。どのブランドもヨガイベントを意識したラインナップで、多くの人にエシカルファッションを身近に感じてもらえる絶好の機会となっていました。それでは当日のブースの様子についてレポートしていきます!

    今回出店したブランドはどんなブランド?

    1

    今回、初参加のilo itoo(イロイト)。 毎回好評のあるコルテスカートは、春夏にもピッタリな色の商品がたくさん並んでいました!すべてが1点物のコルテスカートにはそれぞれ違った刺繍がほどこしてあり、どれにしようか、と手にとって悩まれる方が多くみられました。

    EFJ④Feliz (フェリーズ)の天然素材を使用したアクセサリーの光沢感には、多くの方が足を止めてゆっくり見ていました。マザーオブパールの貝で作られたアクセサリーはどれも美しく、いくつになっても使えるエレガントなものばかりで、20 代の方にはパールが、 40~50 代の方には大ぶりのデザインのものが人気でした。 人にも地球にも優しい「土に還る服」を販売している アトリエふわり。当日のおすすめは「インド」というワンピースでした!代表のひろみさんは『色の力を味方にしてほしい』とおっしゃっていました。これからの季節はカラフルな洋服をまとってお出かけしたいですね!

     

    Inheels (インヒールズ)の人気のワイドパンツは多くの方に手に取られていました。ブランドテ ーマの「who said ETHICAL is not SEXY?」と書かれたバックは、高くて手を出すことが難しい 10 代や学生などの若い人たちにも手の届きやすいように、とスペシャルプライスで販売されていて、注目を集めていました。着こなし方が一通りに縛られない多機能性のある服を提案する ELEMENTUM(エレメンタム) の服はヨガ終わりのお客様にとても好評でした!一つの服を違う着方で着られたら、着こなしのバリュエーションが増えて毎日がもっと楽しくなりますよね。
    Inheels と ELEMENTUM の、セクシーで挑戦的なエシカルファッションは、普段ヨガファッションを楽しんでいる方の選択肢を大きく広げたのではないでしょうか。

     

    イベントを終えて

     

    IMG_5451

    ヨガの前後に訪れる方が多く、リラックスした雰囲気のなか、それぞれが体と心に良いものを楽しんでいました。自分のライフスタイルを追求することで、心地よい生活が送れるのだと感じました。
    次は 5 月 13 日から 1 週間、そごう横浜 3F で出店します。
    ぜひ足を運んでみてくださいね!

     

    (文:上岡美穂)

    The post イベント レポーイベント : オーガニックライフ TOKYOのイベントに EFJが5年連続 出店 ! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

     

    ブランドイメージ画像

    東急百貨店吉祥寺店に初出店いたします!

    昨年に行なわれた東急百貨店でのエシカルキャンペーンが今年も開催されます!昨年同様、東急本店、東横店、たまプラーザ店と吉祥店の4つの舘が同時にエシカルをテーマに催事を展開いたします。期間は5月31日から6月13日までの2週間。EFJstoreもこのキャンペーンに出店いたします。今回、EFJstoreとして初出店となるのは、東急吉祥寺店。1Fの服飾小物売り場にEFJstoreが登場いたします。

    また、今回EFJstoreとしてはじめてご紹介するブランドが2つあります。カンボジアで生産を行うとSALASUSU(サラスースー)。トラベルをテーマにバックを作っています。旅行に持って行けることを考えた機能的なデザインに加えて、1つ購入すると原地の工房を見学できるチケット付きという面白い特典も付いています。カンボジアに行った際に工房に寄ってみるのもよし、工房見学の為にカンボジアを訪れるのでも良し、どんな人が作っているのだろう?と考えながら商品を選べるのもショッピングの新たな楽しさが加わりますね。

    もうひとつは、インドで捨てられてしまう布を使った商品を展開するrétela(リテラ)です。インドで良く使われる技法ブロックプリント。木に模様を彫って創られる木版を、布にスタンプのように押して出来上がる模様は独特のぬくもりが感じられます。rételaが使っているのは、その木版作業をする台に敷いてある布です。ブロックプリントをする際、長いテーブルに布を引き、その上で作業をするのですが、その際に土台布に色々な模様や色が染み込みます。その上で何回も作業を繰り返す事で自然と生まれる柄はその時しかできない世界で1枚しかない布です。その布を使ったスリッパや、トートバック、巻きスカートなどを今回はご紹介いたします。

    その他にも、アクセサリーブランドや巻きスカートなど世界各国でエシカルなファッションをつくる全5ブランドが登場いたします。

    ブランド紹介

    WhiteWilks_データサイズ小

    BASEY(ベイジー)

    名古屋発のブランドBASEYは、アフリカのタンザニア、ルワンダ、そして中米ベリーズの現地パートナーとコラボレーションし、食用後の貝や牛の角など、パートナーが住む土地で採れる素材から創り出すパーツを取り入れて、アクセサリーを制作しています。

    中米ベリーズのカリブ海で育つウィルクス貝。優しく煌めくスパーリングホワイトとゴールドチェーンが夏の装いを彩ります。解禁時期の食用後の殻を大切に取り入れたアクセサリーでイヤリング、ネックレスもご用意しております。

     

     

     

    イメージ画像Feliz(フェリーズ)

    「HAPPYがつながるACCESSORY」をコンセプトに、ナチュラルかつアーバンなアクセサリーを展開。フィリピンのお母さんたちとパートナーシップを組み、雇用を生み出すことで現地の子供たちの生活・教育の機会向上を目指しています。フィリピンの自然豊かな海を連想させる、色鮮やかな美しい貝を使ったピアスやイアリング、ブレスレットが魅力です。

     

     

    コルテスカートilo itoo(イロイト)

    中米のグアテマラの、カラフルでエネルギー溢れる手織物を存分にいかした小物・スカートを展開しているエシカルブランド。一押し商品である、女性らしいシルエットがかわいらしいコルテスカートは、マヤ民族の古布をアップサイクルして作られたもの。中厚手で古布ならではの柔らかさと優しい肌触りを持ち、見方によって表情が異なる、唯一無二のアイテムです。

     

     

    ブランドイメージ画像 (1)rétela(リテラ)

    だれも見向きもしない廃棄される「もの」や、手仕事の息づかいそれらにフォーカスし、人の手によって再構築して新しい価値を見出します。

    rételaはブロックプリントの製作時に作業台に敷いている今までは廃棄されていた布を回収し、再利用しエプロンや、スリッパなどのライフスタイル雑貨と日常着をお作りします。先人たちがつくってきた歴史ある手仕事の道程を辿り、作り手を訪ねて旅するように、プロダクトが出来ました。

     

    1DAYtripBAGSALASUSU(サラスースー)

    「LIFE JOURNEY(人生の旅)」をテーマに、 商品を通じて、作り手と買い手の間に温度感のある関係性を紡ぐことを目指すカンボジア発のライフスタイルブランドです。旅のシーンを彩るキャンバス地のバッグやストール、サンダルなどを取り揃えています。一つ一つに押された作り手の名前スタンプ。商品と一緒にお渡しする工房行きのチケット。作り手に会いに行く旅をしようー。新しいエシカルの形を提案しています。

     

     

     

    名称: EFJ store@東急百貨店吉祥寺店
    場所:東急百貨店 吉祥寺店 1階 服飾小物売り場 (東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1)
    日時:2018年5月31日(木)〜13日(水) 10:00~20:00(最終日のみ19:00まで)
    出店ブランド:/ BASEY / ilo itoo / SALA SUSU / rétela / Feliz
    

    The post 初出店ブランドも!東急百貨店吉祥寺店にEFJstoreが登場! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    31775995_1933597853318525_2623766560161923072_n

    野菜のディップを付けて ニンジンの食べ比べ! 

    0099_original普段、皆さんはどこで野菜を購入していますか? 近所のスーパー?デパートの地下食料品売場?契約農家直送? 普段食べている野菜がどこから来たのか?誰がつくっているのか?など、最近ではバーコードで読めたり、写真が貼ってあったり、身近に考える事が出来るようになってきつつあります。

    ただ、自分の手元にくる野菜、スーパーに並んでるいる野菜ってどうやって選ばれているんだろう? できたものが全て商品になっているのだろうか? それとも、同じ味で同じ大きさをつくる特殊な技法があるのでしょうか?

    そごう横浜店では、EFJstoreの出店期間中に食をテーマにエシカルなイベントを開催いたします。「畑を日常に」をコンセプトに畑づくりから美味しい瓶詰めソースになるまでの肯定を学ぶ事ができるスクールを開催している西村千恵氏をお迎えして、野菜について、エシカルな観点についてもお話しいただきます。

    開催は5月19日(土)14時〜と16時〜の計2回です。トークに後は実際に野菜の食べくらべもあります。FIRM CANNINGがつくるやさいがふんだんに詰まったディップソースと一緒に美味しい体験をしてみるのはいかがでしょうか?

    事前受付もしております。定員は12名様限定です。ぜひ、この機会にそごう横浜店3Fシーガルコートにお越しください。

     

    日時:5月19日(土) 14時から /  16時から

    時間:各回40分    定員:12名

    会場:そごう横浜店 3F  シーガルコート セミナースペース(エンジョイ・エシカル会場内)

    予約受付:そごう横浜店 3階キートゥースタイル売場 0454655271

    西村 千恵(にしむらちえ)

    FARM CANNING代表。「畑を日常に」をコンセプトに、畑作りから収穫物を瓶詰めにする年間スクールを主宰。

    またB級品の対象になる野菜を使い”楽ちんオーガニック”な瓶詰めを手作り、無添加で販売中。
    生産者向けの6次産業支援や加工品の講座、フードロスをテーマにしたイベントなども開催。
    NHK出版「趣味の園芸 やさいの時間」巻頭ページ連載中。
    逗子在住、2児の母。

     

     

     

     

    エンジョイ エシカル! @そごう横浜 
    日時:5月15日(火)〜5月21日(月)10:00~ 20:0
    場所:3階 シーガルコート セミナースペース  (〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1) 
    参加ブランド:BASEY / Feliz / ilo itoo   / INHEELS / KISSACO / ピープルツリー / FARM CANNING
    

    The post モッタイナイ!食で考えるエシカルな野菜の選び方って? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    昨年の好評に続き第二段!!

    東急百貨店東横店 西館2階SHIBUYA スクランブルⅡにて2018年5月31日(木)から6月13日(水)までの2週間、EFJ storeが出店することが決定しました!昨年は初めての4館合同のethicalフェアを成功させた東急百貨店ですが、好評につき今年も開催致します。

    今回EFJがセレクトしたのは、昨年に引き続きグアテマラの織物を使った布小物ブランド「ilo itoo(イロイト)」、コーヒー豆の麻袋を使ったアップサイクルバッグブランド「KISSACO(キッサコ)」、ヴィンテージ生地を使ったリメイク雑貨ブランド「CHICOLATTE(チコラッテ)」、ベトナムのハンドメイド・アクセサリーブランド「SEEDS BY PHUHIEP(シーズ・バイ・フーヒップ)」とフィリピンの美しい貝を使ったアクセサリー「Feliz(フェリーズ)」の5ブランドと、今年は花の命を着る。をコンセプトに新万葉染という色が鮮やかな草木染めを採用したインナーウェアブランド「Liv:ra(リブラ)」も加わります。

    minne04昨年とても人気だったのは注目ブランドでもありました、ilo itooの巻きスカートです。昨年は80枚弱売り上げ、2週間のeventでしたが、追加納品を2回したほどでした。2週間の期間中にリピートしてくださった方も多かったのですが、惜しくも機会を逃してしまった方はこの機会に2枚目3枚目を探しに来てください。

    また、今年おもしろい商品を発売してくださるのはLiv:raです。自宅で簡単に染め直しできるキットを発売いたします。草木染めで染められたものは1年に1度は染め直しをすると長く綺麗に保てるそうです。また、すこし色褪せてしまったコットン製品、黄ばんでしまった白いシャツなどお家のワードローブの中に眠っていませんか? 染めなおす事でさらに愛着がモテる1着になること間違いなしです。この機会に染めなおしのご検討を!

     

     

     

     

    出店ブランド紹介

    ilo itoo(イロイト)

    コルテスカート_バナー中米・グアテマラの、カラフルでエネルギー溢れる手織物を生かした小物や巻きスカートを販売するエシカル・ブランド。その温かみのある手触りと、カラフルな配色が人気です。グアテマラの伝統的な古布を、私達のライフスタイルに合うよう一点一点アップサイクルして商品作りをしています。

     

     

     

     

    KISSACO(キッサコ)
    5D3_5818LOWRES

     

    使用済みのコーヒー麻袋をアップサイクルしてつくったバッグを展開。加工・縫製に至るまで、日本国内の職人が丁寧に仕上げているMade In Japanのバッグは、すべて一点ものです。デザインによってカジュアルにも、フォーマルにも楽しむことができます。あなただけの柄を見つけてみては?

     

     

    CHICOLATTE(チコラッテ)

     

    _P5U5149女の子の「キュン!」を探すヴィンテージ素材のリメイクブランド。ヴィンテージやデッドストックの素材をリメイクして、バッグやポーチの小物からクッションなどのインテリア商品を販売しています。唯一無二のアイテムが勢揃い。一部商品は身体にハンディキャップがある人たちと製作しており、商品を購入することで彼らの自立を支援することにつながります。

     

     

     

     

     

     

     

     

    SEEDS BY PHUHIEP(シーズ・バイ・フーヒップ)

    SEEDSBYPHUIHEP image1Phuhiepのカジュアルライン。ピアスやネックレスなどのアイテムは、一つ購入されるごとに300円が現地の子供達への支援活動に活用されるチャリティー付きです。SEEDSという名前には、アクセサリーを身につけられるお客様、そして商品が作られている現地の人々の幸せの種になるように、という思いが込められています。

     

     

     

     

     

    Feliz (フェリーズ)

    04a5441c-eb24-46c5-b0c1-8a767911f46c「HAPPYがつながるACCESSORY」をコンセプトに、ナチュラルかつアーバンなアクセサリーを展開。フィリピンのお母さんたちとパートナーシップを組み、雇用を生み出すことで現地の子供達の生活・教育の機会向上を目指しています。1bracelet for 1mealでは、一つ購入されるごとに100円がフィリピンのセブ島に住む子供達に寄付されます。

     

    Livra (リブラ)
    cure20「花の命を着る。」

    生きた植物のランジェリー。オーガニックコットンやシルクなど、こだわりの着心地の天然素材を2000年前から日本に伝わる伝統の草木染めでひとつひとつ丁寧に染め上げ、植物のみずみずしい天然のエネルギーをそのままギュッと生地に詰め込んでいます。着るたびに生きた植物たちのパワーを感じる癒しのランジェリーは、あなたの心とからだを大切に、慈しむように包んでくれます。

    今回は染めなおしキットの他に腹巻も登場します。

     

     

     

    名称: EFJ store@東急百貨店東横店
    場所:東急百貨店 東横店 西館2階 SHIBUYAスクランブルⅡ イベントステージ2 (東京都渋谷区渋谷2-24-1)
    日時:2017年5月31日(木)〜6月13日(水) 10:00~21:00
    問い合わせ先:03-3477-3111〈代表〉
    出店ブランド:ilo itoo/ KISSACO/ SEEDS BY PHUHIEP/ CHICOLATTE/ Feliz / Liv:ra

    The post 渋谷の駅がエシカルに!?今年もやります、東急百貨店でエシカルイベント開催! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    Faretrade shirt

    フェアトレードオーダーシャツが発売開始!

    オンライン発のカスタムオーダーファッションレーベル『FABRIC TOKYO』が2018年6月28日(木)からフェアトレードコットンを使用したオーダーシャツの販売を開始します。

     

    『FABRIC TOKYO』とは?

    『FABRIC TOKYO』は「だれもが自分らしいライフスタイルを自由にデザインできるオープンな社会をつくる/Fit Your Life」をコンセプトに掲げ、サイズだけではなく生き方や価値観にフィットする自分らしいビジネスウエアを提供しています。テクノロジーを取り入れた販売・生産をおこなっているため、店頭採寸をした後、オンライン上でデザインやサイズを自由にカスタムし、自分好みのオーダースーツ・シャツを作ることができます。2018年現在、NASAが宇宙服にも使用した体感温度調整機能を持つ素材などを取り入れた「THE TECH」シリーズや、環境や人に配慮した社会性の高い「THE SOCIAL」シリーズなどのオリジナルファブリックの展開を開始しています。

    toppage

     

    フェアトレード商品をつくる理由

    生産から発送まで全てを一括して管理し、素材や原料、生産地、流通のことを包み隠さず伝えるトレーサビリティー(透明性)や、サステナビリティ(持続可能性)を大切にするFABRIC TOKYOは、今回フェアトレードの考えに強く共感し、ビジネスウェアでは日本初となるフェアトレードコットンを使用したフェアトレードオーダーシャツの販売を決定しました。コットンは最高ランクの品質である超長綿を原料に使用し、生地は日本のシャツ産地である兵庫県の播州地区の職人によって作られ、生地を織る工程で職人が扱う機械は、半世紀以上前に製造されたヴィンテージの機械「ションヘル」を使用しています。最新の機械に比べて生産効率が悪い一方で、ゆっくり丁寧に織り上げることによって独特の風合いが生まれるそうです。

    商品開発代表者は、カッコ良さを追求した結果、社会的意義と、ものづくりにこだわったクラフトマンシップ双方が合わさってこそ本当に良い商品になると考えています。さらに、フェアトレードのシャツを着ることでココロが気持ちいい生き方を提案できると考えているそうです。商品の売り上げのうち、約1%はグローバルで広がるフェアトレード活動を支える資金として還元され、誰でも買い物を通じて国際社会に貢献することができます。ぜひ店舗へ立ち寄ってみてください!

     

     

    商品詳細
    フェアトレードオーダーシャツ 3種 各12,900円(税込)
    Fair Trade Organic Cotton ホワイトツイル
    Fair Trade Organic Cotton ホワイトオックスフォード
    Fair Trade Organic Cotton ホワイトロイヤルオックスフォード
    2018年6月28日(木)よりオンラインにて発売開始
    HP: https://fabric-tokyo.com
    

     

     

    文:上岡美穂

    The post フェアトレードオーダーシャツが発売開始! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    Who made my clothes?6月25日から3週間、

    イギリスのエクセター大学による無料オンライン講座がスタートします!

    あなたの着ている服がどこから来たのか、どこで誰が作ったのか、どれほどの犠牲が払われて作られたのかについて考えたことがありますか?

    この講座では、2013年にバングラデシュで起きた、ラナプラザビル倒壊事件の翌年2014年から、毎年4月にファッションの透明性を求める国際的なムーブメントのファッションレボリューションのテーマである「Who Made My Clothes?」を掲げ、ファッションに関わる人や環境、創造性、利益について誰でも学ぶことができます。ファッションブランドのポリシー、服を作るサプライチェーンが依存している人や資源、場所が相互に依存していること、あなたの着ているブランドの服がどこで、どんな生地を使用し作られたのかについて知り考える力を育てます。

    この講座を通じて、普段は知ることができないあなたが着ている服の生産に携わる人々の営みを知ることができるようになり、その知識を活かすことで、その服の物語について発信することができるようになるとのこと。更に、ファッション業界に働き掛ける方法についても学ぶことができるので、自らの気づきによって地球市民としてファッション業界に変革を起こす一歩になること間違いなしです。

    スクリーンショット 2018-06-25 10.29.11

     

    Who is the course for?

    講座は、服や貿易、ファッションレボリューション等に関するエシカルな行動に興味がある方々はもちろん、教育カリキュラムを向上させたい教職員も受講できる内容となっています。講座で取り扱うテーマは地理学やファッションとテキスタイル、英語、歴史、政治、社会学、美術、経済、環境学、国際的な公民権、持続可能な開発、社会学に関係しているので、誰でも自らのスキルや、知識を活かして講座に参加することができます。

     

    Join this course

    期間は6月25日から3週間 週に4時間。無料のコースと44ドルで多くの記事やビデオや専門家の評論やクイズを見ること以外に、いつでも資格のための証明書をダウンロード、プリントすることが可能となるそう。

     

    登録はこちらから。→ONLINE COUSE 「WHO MADE MY CLOTHES?」

    昨年は8000人が参加したこのコース。オンラインなので世界中の人が受けることができるこのチャンス、ぜひ受講してみてはいかがでしょうか?

    ※全編英語での授業になります。

     

     

    文:上岡美穂

    The post 洋服の無料オンラインコースに登録しよう! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    180403_8589

    西武池袋本店に初出店します!

     

    EFJが8月15日(水)〜28日(火)に西武池袋本店の3F、ハニカムモードに初出店することが決定しました!今回はilo itoorételaFelizKISSACO の4ブランドが出店します。

    今回の注目ポイントはrételaから今回初めて出るbagru(バグルー)というシリーズ商品。歴史あるブロックプリント技法を、アップサイクルの視点でとりあげた全く新しいプロダクトです。泥で防染を施し、藍や天然素材のみで染め上げているので、化学染料や機械で意図的に作った柄とは全く違う奥行きのある色と柄をまとったスカートやパンツ等を販売します。そして今回東急東横店で販売した際に圧倒的な人気を誇ったilo itooのコルテスカートの販売も行いますよ!

    現在KISSACOはリニューアルのため一旦製作を休止し、修理やオプション製作のみを行っています。リニューアル後にはデザインもガラリと変わるそうなので、このイベントはKISSACOの商品一つ一つを手にとって楽しめる数少ないチャンスとなっています。ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

     

     

     出店ブランド紹介

     

     ilo itoo (イロイト)

    コルテスカート_バナー

     

     

    中米グアテマラで作られたカラフルな手織物や、マヤ民族の腰巻をアップサイクルした一点物のコルテスカートを販売するブランドです。古布ならではの優しい肌触りをもった一点物のアイテムとなっています。ぜひ触って古布の柔らかさを楽しんでみてください。

     

     

     

     

     

    rétela(リテラ)

    ブランドイメージ画像 (1)

     

    だれも見向きもしない廃棄される「もの」や、手仕事の息づかいそれらにフォーカスし、人の手によって再構築して新しい価値を見出します。

    rételaはブロックプリントの製作時に作業台に敷いている今までは廃棄されていた布を回収し、再利用しエプロンや、スリッパなどのライフスタイル雑貨と日常着を作っています。先人たちがつくってきた歴史ある手仕事の道程を辿り、作り手を訪ねて旅するようなプロダクトを販売しています。

     

     

    Feliz(フェリーズ)

    イメージ画像

     

    「HAPPYがつながるACCESSORY」をコンセプトに、ナチュラルかつアーバンなエシカルジュエリーを販売しています。フィリピンのお母さんたちとパートナーシップを組み、雇用を生み出すことで現地の子供たちの生活・教育の機会向上を目指しています。フィリピンの自然豊かな海を連想させる、色鮮やかな美しい貝を使ったピアスやイアリング、ネックレス、ペアのリングやブレスレット等を種類豊富に販売しています。

     

     

     

     

    KISSACO(キッサコ)    

    _OMO0671

     

    コーヒー豆の麻袋をアップサイクルして作ったバッグを販売しています。

    加工・縫製に至るまで、日本国内の職人が丁寧に仕上げているMade In Japanのバッグは、すべて一点ものです。デザインによってカジュアルにも、フォーマルにも楽しむことができます。あなただけの柄を見つけてみては?

    (※今回はベルトトートのみの販売となります。)

     

     

     

     

    夏はもちろん秋にも楽しめる商品を数多く用意したイベントとなっているのでぜひ平成最後の夏休み、足を運んでみてはいかがでしょうか?

     

    イベント詳細
    名称:EFJ store@西武池袋本店
    西武池袋本店 3階=(中央A6)ハニカムモード売場
    お問い合わせ=03-5949-3976(売場直通)
    日時:8月15日(水)~8月28日(火)
        [月〜土]午前10時〜午後9時[日・祝休日]午前10時〜午後8時
    出店ブランド:ilo itoo / rétela / Feliz / KISSACO

     

    文:上岡美穂

    The post EFJstore、池袋エリアに初出店!新しい商品や、最後のチャンスのあのアイテムも? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    Some rights reserved by Elliot Stokes

    Burberryの過剰在庫廃棄が話題に

     

    Burberryが年間45億円分の商品を焼却処分していることを発表した年次レポート(Burberry Annual Reportが批判を浴びています。日本語の記事はこちらから。

    以前、他の有名ブランドであるH&M、NIKE、Eddie Bauer、Urban Outfittersの過剰在庫廃棄も問題になりました。更に今、日本でも年間10億点もの服が捨てられていることが記事になっています。

    今、世界中で売れ残り在庫が発生するほど、商品を作りすぎている問題があります。

     

     

    処分される服はみんなの責任。私たち自身が買い物を変えることが必要

    今回、Burberryの過剰在庫廃棄が話題に上がりましたが、実際にこの問題はハイブランドの間で大きな問題となってきました。ファッションレボリューションの代表であり、クリエイティブディレクターのOrsola de Castroが、Burberryの過剰在庫の記事に対し、コメントを発表しました。

    “服の過剰在庫、廃棄問題はBurberryだけの問題ではありません。実際BurberryはFashion Transparency Index でも取り組みを評価され、サステイナブルなものづくりにも取り組んでいます。“

    ファッション業界では毎年、1000〜1500億点もの服が作られ、莫大な数の過剰在庫がうまれています。しかし、サプラインチェーンの透明性の欠如で、製造過程のどこで余分な在庫が作られ、どれほど廃棄されているのか、それが環境にどれほどの影響を与えているのかを知ることができません。

    ファッション産業には更なる取り組みが必要とされています。企業は、より多くのエネルギーをアップサイクルのアイテムや、大量生産ではないものに注ぎ、使い捨てのものを減らす必要があります。

    “私たち消費者自身も、ファッションの循環性について知り、買うものに気を配らなくてはいけません。処分される服はみんなの責任で、私たち自身が買い物を変えることが必要です。”

    とOrsolaは呼びかけています。

    FashRev_quote_VivWestwood

    以前、筆者は捨てられた服の山を見て衝撃を受けたことがあります。素敵な服を見つけたら、一体誰が、どこで作ったのか?カワイイだけで選んでいないか?どうやったら長く着られるのか、使えなくなったらどうするのか?買う前に自問自答し、その一枚を選択してみては?

    文:上岡美穂

    The post 服の廃棄のショッキングな現実。Fashion Revolutionの代表はこう考える appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    写真 2018-08-17 10 10 55

    EFJstore @西武百貨店池袋本店 堂々オープン!

     

    お盆真っ最中の8月15日に西武百貨店 池袋本店3F ハニカムモード売り場にEFJstoreがオープンしました。28日までの2週間の期間限定ストアになります。全巻共通の「チェック」のテーマにilo itooのコルテスカートを着せていただきました。

     

    当初ご案内してました、KISSACOの商品ですが、ベルトトート以外にもワンショルダーやスクエアトートも入荷しております。この在庫が無くなると、モデルチェンジになりますので、気になっていた方はぜひ、バック見に来てください。

    KISSACO

    左:蝶々柄ベルトトートSサイズ 右:スクエアトート

    今回は唯一のアクセサリーブランドとして、Felizが店頭に並んでおります。夏にぴったりのホワイトシェルを使ったアクセサリーや、1年中季節ごとの洋服に合わせられるマザーオブパールやタイガーシェルなどフィリピンで取れる貝を生かしたアクセサリーも魅力的です。

    Feliz

    左:フィリピン特有のタイガーシェルを使ったアクセサリー 右:ぷっくり分厚いのが特徴的なFelizのマザーオブパールシリーズ

     

    そしてやはり気になるのがアパレルブランド達じゃないでしょうか?

    まだまだ外は暑いですが、風は少しづつ秋の風になってきています。ちょうどこの移り変わりに重宝しそうなコットン素材の洋服達。インドやガテマラの現地のことを想像しながら着る服はまた格別です。

    アパレル

    左:iloitooのコルテスカートとターメリックで染めた黄色が綺麗なretelaのbagluシリーズ。 右:ブロックプリント工場から出る廃材を利用して出来上がるretelaのスカートエプロン

     

    明日から週末です。雑貨なども豊富に揃っておりますので、ぜひ、この機会に西武池袋まで 足を運んで見てはいかがでしょうか?

    雑貨

    左:ilo itooのハチドリビーズチャーム。 右:インドのカンタ刺繍を施したパッチワークショール

     

     

    イベント詳細
    名称:EFJ store@西武池袋本店
    西武池袋本店 3階=(中央A6)ハニカムモード売場
    お問い合わせ=03-5949-3976(売場直通)
    日時:8月15日(水)~8月28日(火)
    [月〜土]午前10時〜午後9時[日・祝休日]午前10時〜午後8時
    出店ブランド:ilo itoo / rétela / Feliz / KISSACO

    The post 池袋にEFJstoreオープンしました! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    東急百貨店吉祥寺店に出店。

    9月から11月のロングラン!

     

    みなさん、秋冬の準備始めていますか?EFJstoreは9月から11月の2ヶ月間、東急百貨店吉祥寺店の3階に出店します。こちらのフロアは今年の5月に新しくリニューアルされた“武蔵野マルシェ“というフロアで、日本中からはもちろん、世界各地から集まったユニークな雑貨や美味しいものが大集合しています!休憩場所もフロア内各所にあり、お買い物の途中で休憩して何を買うかを決めるなんてこともできちゃう場所です。週末は独自のイベントなども開催しているようです。 6月には1階で出店させていただきましたが、そのご縁が繋がり、今回は3階に出店します。

    エシカルな全身コーデに挑戦!?

    EFJstoreは今回、2ヶ月のロングランで出店します。場所は下りエレベータの横すぐ。今回は洋服や雑貨などを集め、全身コーディネートできちゃう?くらいのバリエーション豊かなブランドと商品をセレクトしました。また、エシカルカテゴリーでもフェアトレード、アップサイクル、オーガニックなど各種色々なエシカル要素を取り入れた内容になっています。ぜひ、EFJstoreのスタッフに商品にまつわるエシカルストーリーを聞きにご来店してみてください。

    今回EFJstore からはilo itoo、MAITE、ピープルツリー、Chicolatte の4ブランドと、マンスリーブランドを合わせた5ブランドが登場します!マンスリーブランドとは、月毎に替わるブランドのことです。9月のマンスリーブランドはKISSACOで、9月13日から30日まで登場します。10月、11月もお楽しみにしてください。

     

    ブランド紹介

    コルテスカート_バナーilo itoo (イロイト)

    出店する毎に大人気のilo itooですが、今回は秋冬を意識したカラ-をたくさんご用意しています!秋が終わっても長く使えるオンリーワンのコルテスカートを見つけてみては?

     

     

    MAITE靴下MAITE(マイテ)

    「ワクワクする、あたたかい暮らしを」をコンセプトに、アルパカ素材を使ったニット類を中心に展開するエシカルブランド。秋から身につけられるアルパカとシルクのストールや、アルパカ靴下などが登場します。アルパカの保温性に優れた毛は、寒くなってきたときにピッタリなアイテムです!

     

    ピープルツリーピープルツリー

    お待ちかねのピープルツリー!秋冬のデザインも、シンプルすぎない大人カワイイデザインとなっています。暗くなりがちな秋冬の服に、ピープルツリーの服でアクセントを加えませんか?ぜひ一枚ずつ手に取って、手仕事を感じてください。

     

    _P5U5149Chicolatte(チコラッテ)

    女の子の「キュン!」を探すヴィンテージ素材のリメイクブランドのChicolatte(チコラッテ)。今回は吉祥寺らしいお洒落なラインナップとなっていますよ。一足早く、あなたの秋冬の「キュン!」が見つかるはず。

     

     

     

     

     

     

     

    9月のマンスリーブランド

    ベルトトート

    KISSACO(キッサコ)

    コーヒー豆の麻袋をアップサイクルして作られたオンリーワンのトートバックは、EFJstoreで扱うのはこれで最後かも?ラストチャンスをお見逃しなく。

     

     

     

     

     

     

     

    服のコーディネートに悩むことも、秋の楽しみの一つですよね。

    まだまだ暑い日が続きますが、EFJstoreで一足先に秋を感じてみてはいかがでしょうか。

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Chicolatte / 他  マンスリーブランド(9月はKISSACO)
    

    The post EFJstore 吉祥寺出店!秋冬の準備、足りてる? appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    Johanna Maria Trawler in West Africa

    混獲”により、年間16万羽以上のウミドリが命を落としている

    Turtle in East Pacific Ocean混獲とは漁業において対象とする魚以外の生きものが一緒に捕獲されてしまうことです。これには漁業対象以外の魚に加えて、ウミドリ、ウミガメ、海洋哺乳類などが含まれます。ウミドリも混獲の犠牲になりやすく、はえ縄漁で使われる釣り針についたエサを食べようとするなどして、少なくとも世界中で年間16万羽が命を落としているそうです。一年間で混獲されるウミガメは30万匹にものぼるとされ、うち何万匹もが命を落としています。

    そこで、国際環境NGOグリーンピースジャパン(以下、グリーンピース)が漁業における混獲問題を提起した1分間の短編アートムービー『混獲(こんかく)—Bycatch』を公開しました。

     

     

    過酷な死を描く短編アートムービー

    今回グリーンピースがアート作品として混獲問題を提起したのは、多くの若いクリエイティブ層からの環境問題に対する関心の高まりにあります。タニクミコにより手掛けられたリサイクルした漁網ドレスを身につけ踊る二人のダンサーは、混獲の被害を受けるウミドリを表現しています。ダンサーのまわりに積まれる漁網の山は迫り来る捕獲の脅威を表しています。伸びやかに舞っていた二羽のウミドリは絡まってくる漁網に抵抗して懸命にもがきますが、動きは途絶え息を引き取ります。ウミドリたちの過酷な死をダンサーが芸術的に表現しています。

    "Bycatch" Ocean Art Performance in Japan

    私たちの知らないところで起こり続けてきた混獲問題。この機会にアートムービーやグリーンピースの活動をSNSでシェア、そして周りの友達と話してみてはいかがでしょうか?

    文:上岡美穂

     

    タニクミコ

    『混獲—Bycatch』の漁網ドレスのデザイン、映像演出を手掛ける。

    2008年からアップサイクル、リサイクル可能な材料を使用し制作したコレクション“Re—cycle—style”を発表し、現在も活動の幅を広げ続けている。(タニクミコ氏のインタビュー記事はこちら「雑誌、お菓子の袋、ペットボトル、なんでも言ってみて。彼女ならドレスにしてくれるよ

     

    グリーンピース・ジャパン
    グリーンピースは環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。本部はオランダのアムステルダムにあり、世界で300万の個人サポーターに支えられています。本プロジェクトは混獲問題の啓蒙活動として運営されています。

     

    制作メンバー
    国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(企画者)、タニクミコ(コスチュームデザイン、演出)、大月壮(映像ディレクター)、田中秀典(メイキング映像)、アシュリング・クック/Aisling Cook(ダンサー)、小佐野智美(ダンサー)、前島祐樹(照明ディレクター)、平井有太(総合プロデューサー)
    

    The post 海の生きものが遭う悲惨な結末。グリーンピースジャパンが“アート”で訴えた appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    環境・人権・動物・平和…「企業のエシカル通信簿」をつくりたい!!

    クラウドファンディングに挑戦します。ご支援をお願いいたします

    https://readyfor.jp/projects/ethicaltsushinbo

    イラスト1縮小

    イラスト:みなみななみさんからの寄贈

    「買い物は投票!」を合言葉に全国各地から39団体が結集し、エシカルな社会を実現するためのネットワークを作りました。それが「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)」です。ETHICAL FASHION JAPANもそのメンバーとして初期段階より活動に参加しています。

     

    地球環境、人権、動物の福祉などに配慮して作られた「エシカル商品」を選んで買うという「エシカル消費」は、海外では日常的になりつつありますが、日本では情報も少なく、まだまだ、難しいと思われているのではないでしょうか。

     

    そこで私たちは、それらの課題に真摯に取り組んでいる企業を選ぶために「企業のエシカル通信簿」をつくりました。買い物だけでなく、就職、投資にも役立つツールです。http://cnrc.jp/topics/topics-408/

    買い物b 縮小

    イラスト:みなみななみさんからの寄贈

    2016年度、17年度に5業種計22社を7つの分野で調査・分析し、企業、メディア、NGO/NPO、行政機関等からもポジティブな評価を頂きました。世間の期待も高まっています。
    (以下の参考記事もご覧ください。)

    朝日新聞未来メディアプロジェクトhttps://miraimedia.asahi.com/sdgs2030/ethical-company/

    毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20180606/org/00m/010/025000c

    オルタナ http://www.alterna.co.jp/23763

     

    今年度は家電と外食産業を調査する予定ですが、残念ながら調査費用や発表会の会場費、運営費が足りず、このクラウドファンディングに挑戦することになりました。クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、人々に資金提供を呼びかけるものです。

    3年目の今年は、この調査プロジェクトを軌道に乗せていく大切な年でもあります。どうか皆さんでこの「企業のエシカル通信簿」を応援し、育てていただけないでしょうか?

     

    まずはぜひ一度、Readyforのページをご覧ください。

    https://readyfor.jp/projects/ethicaltsushinbo

     

    この支援は、11月12日(月)までの期間内に目標金額185万円に到達しないと1円も受け取れない、All or nothing 形式です。ぜひ、ご支援をお願いします。また、お知り合い、ご友人に転送・シェアしていただければ幸いです。

     

    エシカルで持続可能な社会をつくりたい!と願う私たちの活動を、ぜひ応援してください! よろしくお願いいたします。

     

    消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)とは?
    
    http://cnrc.jp/
    
    気候変動、生物多様性、廃棄物問題など深刻化する地球規模の環境問題の解決には、このような問題を引き起こしている主な原因の一つである私たちの消費の在り方を持続可能な消費に変えていくことが必須となっています。
    
    1992年のリオ会議で採択された「アジェンダ21」第4章では非持続可能な消費と生産から「持続可能な消費と生産」への転換の必要性が取り上げられ、2012年の「リオ+20」では持続可能な消費と生産に関する「10カ年計画枠組み」が採択されています。また、持続可能な開発目標(SDGs)の目標の中にも「責任ある消費と生産」が掲げられるなど、世界レベルでも喫緊の課題となっています。
    
    我が国においても90年代初頭からグリーンコンシューマー活動が展開され、グリーン購入ネットワークの結成と展開、グリーン購入法の制定がすすみ、国、自治体、企業のグリーン購入活動が広がりました。また、近年では、フェアトレードが一定の広がりを見せるなど、エシカル消費(倫理的消費)に関しても取り組みが始まっています。
    
    しかし、残念ながら日本の取り組みは顕著とはいえず、いまだ市民による持続可能な消費の取り組みが経済活動に大きな影響を与えるには至っていません。とりわけ個人消費者の消費行動を変えていく活動は、部分的や地域的な成果は上げているものの、この10年間ほどは大きな進展があるとはいえず、多くの消費者が日常的な行動として取り組み、企業活動に大きな影響を及ぼすものには至っていません。
    
    そこで、当ネットワークでは、消費者から持続可能な消費を実現し、ひいては持続可能な社会を実現することを目的として2016年1月に、33のNGO・民間団体で設立されました。
    

    The post 「買い物は投票!」環境・人権・動物・平和…「企業のエシカル通信簿」をつくりたい!! クラウドファンディングに挑戦! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    DSC_9727

    EFJstoreに新ブランドが登場!

    EFJstoreで販売するのは今回は2回目となるRICCI EVERDAYが東急百貨店吉祥寺店に10月1日より登場しました。RICCI EVERYDAYは、遊び心に溢れたアフリカン・プリントを使用したバッグや小物をデザインすることで、お客様のワードローブを、トラベルスーツケースを大胆に彩り、毎日にワクワク感と驚きを提供してくれるブランドです。初日からお客様の反応もとても良く、足を止めていただく方々が多くいました。

    RICCI EVERYDAYはウガンダ在住の娘と日本在住の主婦の母が2人で2014年に始めた会社で、現在ではウガンダで2店舗を展開するブランドに成長しています。
    RICCI EVERYDAYのバックはウガンダのシングルマザーの方々が作っています。ウガンダでは、名門大学を出ていても就職率は約30%と、非常に厳しい環境です。まともな教育を受けられなかった女性が職を得ることは難しく、子供を育てながら生活していくために、過酷な仕事を選ぶ人もいます。そんな女性達が安心して働ける場所を提供しているのがRICCI EVERYDAYです。
    1点1点手作業で作られたバック。色も形も豊富で、EFJstoreの店頭を明るく彩ってくれています。
    RICCI EVERYDAYは期間限定で本日より10月28日までの一ヶ月間の販売となります。ぜひ、店頭で色の鮮やかさや豊富に飛んだ、珍しいアフリカ柄を見に来てくださいね。

     

    image1

    EFJstore 店頭

     

    嬉しい機能が詰まったデザインが人気!

    海外を飛び回る代表だからなのか、旅行や旅の時に役立つ商品が多いのも特徴の1つと言えます。RICCI EVERYDAYといえば、4WAY で楽しむことのできる「AKELLO BAG」です。基本のバックを手持ちで持つスタイルに加え、バックを折り曲げるとクラッチに変身。付属のストラップをつければショルダーや斜め掛けにもなります。その気分やスタイルに合わせてバックの形を変えて楽しむことができます。バックの大きさも大中小とありますので、ご自身の体型にあったものをお選びいただけます。バックの底マチはスナップで開閉可能なので、スーツケースに畳んでしまって、荷物をいれるときは広げるなんてことも可能です。他にも旅行先で使える、ちょっと気の効いた商品が盛りだくさんです。

     

    RICCI

    Alello Bag 4WAY 10800円〜12960円

     

     KISSACOも継続決定!

    9月の期間限定ブランドだったKISSACOですが、人気だったこともあり、まだ最後の在庫があるとのことだったため、継続が決定いたしました。展開場所は縮小になりますが、まだご購入できます。実は先週土曜日に追加納品もありましたので、新しい柄も登場しています。こちらもお見逃しなく!

    image4

     

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Chicolatte / 他  マンスリーブランド(10月はRICCI EVERDAY)
    

    The post 秋の行楽シーズン、ファッションもプレイフルに! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    注目商品1

    コルクを使用したPETAの認証も取得した
    ヴィーガンファッション雑貨が登場!

    今回ご紹介するのは、神戸で活動をしているAashaが販売している、コルクを使った財布やバックです。このコルク雑貨はインドの2名の女性が始めたもので、製品には彼女たちの動物、地球、ミニマリズムへの愛が込められています。

    注目の商品は最高級のコルクを使用したラウンドファスナー長財布です。コルクは軽量で疎水性がある優れた素材です。コルクガシという樫の木の樹皮のみを使用するため、樹を切り倒すことなく収穫できるエコでサステナブルな素材。革に代わる素材として注目されています。

    EFjstoreでは、メンズの財布たコルクでできたバックも同時に販売しております。男物が少ないと言われてきましたが、ぜひこの機会に男性の方にも持っていただける商品ありますので、ご来店をお待ちしております。

     

    Aasha1

    商品名:ラウンドファスナー長財布   ¥17,300(税込)

     

    EFJstoreでの販売は10月15日から11月14日までの1ヶ月間になります。
    まずは店頭にて商品を見にきてくださいね。

     

     

    Aasha

    Aashaはヒンディー語やサンスクリット語で 「希望」 を意味します。
    そのAashaという言葉の頭文字それぞれにAbout Alternative, Style, Health, Arts という言葉を当てはめました。
    主流ではないけれど、素敵なスタイルや、健康、アートなどに関する物や情報などをお届けしたいという想いがこもっています。
    エコでサステナブルな素材コルクを使用したカバンや財布を中心にエシカルな商品を販売しています。

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    住所: 〒180-0004 東京都武蔵野市 吉祥寺本町2丁目3−1
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Aasha / 他  マンスリーブランド(10月はRICCI EVERDAY 28日まで)
    

    The post コルクを使用したヴィーガンブランドが登場! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

     

    image1

    ワユー族の手仕事がつまったWAYUU BAGが登場!

    現在、東急百貨店吉祥寺店で開催しているEFJstoreでは、毎月マンスリーブランドとして過去2つのブランドを販売してきました。今回は第3弾 -11月のマンスリーブランドの紹介です。

    image2EFJstore初登場のこのブランドの名前はWayuu bag japan 。南米コロンビアとベネズエラの国境付近の先住民族ワユー族の女性が作り上げる、クラフトマンシップがいっぱい詰まったWAYUU BAGです。 1つ1つ手編みで作り上げられるバックは1点もので愛情のこもった仕上がりです。

    Wayuu Bag Japanの代表はコロンビア在住の日本人女性です。現地で職人さんと直接コミュニケーションをとり、フェアトレードの信念に基づいて制作をしています。大きさや、編む糸の種類にもよりますが、1つ作り上げるのに20日から1ヶ月程度かかるそうです。きちんとクオリティーチェックもしながら、正当な対価がワユー族の女性にきちんとわたるように活動しています。

     

     

     

     

     

     

    デイリーユースを考えたデザイン

    image3

    Basic line 19000yen + tax

    バックのデザインや理念は好き!と思っても、やはり気になるところは機能性ですよね。このバックの素材はナイロンやアクリルの糸を使い、洗濯機で洗うこともできます。布製だとやはり汚れが気になって、なかなか使うのをためらってしまうなんてもこともありますよね。でも、洗えるのであれば、ガシガシ使って、汚れがついたら洗濯して、1日天日干しで元どおりです。使わないときは小さく折って収納もでき、重さも軽いので、バックに色々なものをいれても大丈夫。旅行先にも使えそうですね。また、柄も豊富で手編みのため、1つとなく同じ柄がないのも特徴的です。

     

     

    鮮やかなアフリカンファブリックのRICCI EVERYDAYに引き続き、Wayuu bagはEFJstoreの店舗を彩ってくれること間違いなしです。ぜひ、一度店頭にお越しください。EFJstoreは11月14日までの開催です。

     

     

     

    期間:9月13日(木)から11月14日 (水)
    出展場所;東急百貨店 吉祥寺店 3F 下りエスカレーター横
    住所: 〒180-0004 東京都武蔵野市 吉祥寺本町2丁目3−1
    出展ブランド: ilo itoo / MAITE / ピープルツリー/ Aasha / Wayuu bag
    

    The post コロンビアに住む先住民族が1ヶ月かけて作るバック WAYUU BAGは登場! appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


    0 0

    EFJStore_宣伝ビジュアル

    EFJスタッフを募集します。

     

     

     

    1、販売スタッフ

    関東圏での百貨店や商業施設などでの販売担当。レジ作業含む。

    プロジェクトベースでの募集になります。

    販売スタッフ:時給960円〜1350円

    搬入搬出スタッフ:時給1300円〜

    研修期間あり

    週2日から

    (週5日で働ける方大歓迎、週末だけ可)

    交通費支給(1日上限 1000円まで)

    制服用社割りあり。

    販売経験者に優遇。(販売経験なしの方は研修期間あり。)

    実際にお客様とお話し、エシカルを伝えるチャンス!実際の販売と通して、エシカルな商品の裏側を勉強できたり、お客様の直接の反応や声を聞いて、エシカルをどのように広めるのが良いのか学べる良い機会だと思います。

     

    現在募集中の販売員

    吉祥寺 12月13日から1月9日 (12月30日から1月3日は時給1350円)交通費全額支給

     

    ご興味のある方は、写真付き履歴書と共に、代表竹村宛でinfo@ethicalfashionjapan.comまでお送りください。

     

     

    2、インターン

    EFJのHPのニュース原稿作成・取材・リサーチなど

    EFJの活動やイベント運営などにかかわる業務の補助

    無給 交通費支給(1日上限1500円まで)

    毎週日曜日

    長期出来る方(最低3ヶ月出来る方)

    文章を書くのが得意という方

    グラフィック(photoshop/illustrator/inDesign)が得意という方

    WEB関係が得意という方

    イベントの手伝い (不定期)

     

     

     

    ご興味のある方は、写真付き履歴書と共に、代表竹村宛でinfo@ethicalfashionjapan.comまでお送りください。

    インターンご希望の方は得意分野と苦手分野を記入した「どうしてEFJのインターンを希望するのか?」という文章も一緒に送ってください。「どんなスキルを活かしてインターンとして働きたいのか?」というところが明確にわかると良いです。

     

    いただいたメールは書類審査の結果、面接そして、勤務開始という流れで行います。

    応募いただいた方から随時面接をし、定員に達しましたら、募集終了とさせていただきます。

     

     

    皆さまのご応募お待ちしております!

     

    The post EFJスタッフ募集のお知らせ appeared first on ETHICAL FASHION JAPAN.


older | 1 | .... | 27 | 28 | (Page 29) | 30 | newer